相手に好印象を与える話し方を恋愛で使える男はモテる!優しい話し方のコツと方法

 

「女性に話しかけても覚えてもらえてない事が多々ある…。もしかして印象が薄い…?」

 

己の影が薄くて好きな女性に覚えてもらえない恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

これと言って特徴がなく、印象に残りにくい男というのは世の中に一定数いる。

その中の一人が貴様だ。

 

悲しい事に、好きな相手から覚えてもらえないというのは、恋愛において、未だスタートラインにも立てていない状態である。

そのような事を自覚してか、貴様なりに動いてはみるものの、大抵の場合は印象に残らず、残せたとしても悪い方の印象を与えてしまうのがオチだ。

 

これでは、いつまで経ってもモテる男どころか、好きな女性に振り向いてもらう事すらままならない。

 

そこで今回、ただ印象を残すだけではなく『好印象』を相手に抱いてもらえる方法を伝えてやろうと思うわけだ。

今から話す方法を取り入れる事で、いとも簡単に他の恋愛二等兵どもと差を付け、女性の記憶に残り、且つモテる男に近付く事ができるだろう。

 

好印象を与える話し方を知り、恋愛対象の男として相手の記憶に残れ!

最初は丁寧語を使う

相手に親しみやすく感じさせるためなのか優位に立ちたいのかは定かではないが、男の中には、最初から女性にタメ口で話し掛ける者が数多くいる。

確かに、一見するとフランクで親しみやすい印象を受ける事もあるが、女性によっては不快に感じる事があるので注意が必要だ。

 

親しくもない関係性にも関わらず「○○ちゃん」と呼んだり、やたらと馴れ馴れしく接するのは、男として品がなく見えるので、実は避けた方が良い。

特に、20代も半ばを過ぎた辺りからは周りからの見る目も変わってくるため、言葉遣いには充分に気を付けておくべきである。

 

逆に、誰に対しても丁寧な言葉遣いで話す事ができる男というのは、何歳であっても品があり、好印象を与える。

ましてや、10代〜20代前半のうちからそういった最低限の礼儀を欠かさない男は、よりしっかりとした印象を与え、魅力的に映るはずだ。

 

最初は丁寧語で話し、親しくなるにつれて徐々にフランクな話し方に切り替えていけば、自然と相手との距離も縮まっていく事だろう。

 

言葉を遮らず、相手が話し終えるのを待つ

相手の話を最後まで聞かず「それって要するにさぁ」「俺の場合は〜」というように話を奪い、自分勝手に話を進めてしまう男は多い。

だが、何度も伝えている通り、女性というのは自分の話を聞いてほしい生き物だ。

 

にも関わらず、話の腰を折られ、あまつさえ会話の主導権を相手に持っていかれたとしたら、女性はどう思うだろうか?

当然、「こんな男とはもう話したくない」と思うはず。

 

また、中には会話を進めるのが苦手な女性もいるだろう。

だが、そのような女性であろうと、話を遮らずに最後まで優しく聞いてあげられる男は、当然好印象であるし、包容力を感じさせてモテるに違いない。

 

どうしても話したい事があるのであれば、相手の話をしっかりと聞き終えた上で自分の話をするのが良いだろう。

その方が、相手の女性も素直に耳を傾けてくれるはずである。

 

テンションや会話ペースを相手に合わせる

相手の気分やコンディションに関係なく、常にハイテンションで接したり、強引に話し続けたりするのは、空気の読めない男として間違いなくウザがられる。

結局のところ、自分の事しか見えていないので、相手の状況を考えられない行動を取ってしまうわけである。

 

一方で、相手が落ち込んでいたら静かに寄り添って話を聞いてあげたり、楽しい事があったら元気よく盛り上げてみたりと、相手の状況に合わせてペースを調節できる男は、配慮のできる優しい男として評価されるだろう。

ちなみに、このように相手の調子に合わせる事を『ペーシング』といい、ペーシングを行う事で、相手に「この人は自分の気持ちを分かってくれている」といった好印象を与えられるというわけだ。

 

以前話した内容を覚えている

この方法は、よく美容師や水商売などの接客業では当たり前のように行われている会話のやり方だ。

例えば、以前話した内容をメモを取っておくなどして覚えておき、さりげなく「そういえば、前にこんな話をしてましたけど、あれからどうなったんですか?」といったように再び話題を振る。

 

そうする事で、「この人は、自分の話した事にちゃんと興味を持ってくれている」と感じ、相手に好印象を与える事ができる。

お客の立場でいうなら、「またこの店に来たいな」「この人となら話したい」という気持ちになるわけだ。

 

相手の女性に対し、しっかりとコミュニケーションが取れている事を証明するために、前回話した話題を積極的に盛り込むべし。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

いかがだろうか?好きな女性に好印象を与える事ができれば、相手に覚えてもらいやすくなり、素敵な異性として認識してもらう事ができるだろう。

今回教えた会話方法が自然にできている男というのは、意外と少ない。しっかりと意識して取り入れるだけで、他の男どもの一歩先を行く存在となれるはずだ。

 

また、モテる男というのは、常に相手の立場になって考える事ができている。

会話にしろ振る舞いにしろ、その事を常に頭の中に入れておき、相手からの好印象を “異性としての好意” に変えてみせよ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です