好印象な話し方が男の第一印象を決める!魅力的な話し方のコツと方法とは?

 

「気になるあの子に話しかけたいけど、いきなり嫌われたらどうしよう…」

 

こんな風に、気になる相手からの反応に怯える恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

貴様は誰かに話しかけて、まだ関係が浅い段階にも関わらず、露骨に反応が悪かったり、冷たかったりした事はないだろうか?

そんな過去があるからこそ、まだあまり話した事もない女性にも「いきなり嫌われてしまうのではないか」と恐れてしまうのだ。

 

しかし、何かをした覚えはないのに相手から冷たくされてしまうというのは、一体どうした事なのか?

実は、これは貴様に対する第一印象が悪かった可能性がある。

 

心理学的にも立証されているのだが、人間というのは、最初に感じた印象に強く影響を受けてしまう。

 

最初にネガティブなイメージを与えてしまうと、それが尾を引いてしまい、関係ない他の要素にまでネガティブなイメージが付きやすくなる

だが逆に、第一印象でポジティブなイメージを与える事ができれば、そのイメージが先行するので仲良くなりやすくなる、というわけだ。

 

つまり、貴様に対する最初のイメージが好印象であれば、その後も好きな女性とスムーズに距離を縮めていきやすいという事である。

そして、そのイメージは話し方によって大きく左右されてしまうのだ。

 

そこで今回は、『第一印象で失敗しない、好印象な男になれる話し方』を教えてやろうではないか!

好印象を与える話し方を知る事で、もう「話しかけて嫌われたらどうしよう」などと怯える必要はなくなるだろう。

 

これから話す内容を、しっかりと実践して体に染み込ませるべし!

 

女性に話しかけるのが苦手だが第一印象でも失敗したくない!気になる女性に警戒心を持たれずに会話のきっかけを掴む方法!

爽やかに挨拶せよ

貴様と気になる女性がどの程度の関係性なのかは知らんが、これだけはハッキリしている事がある。

今よりも関係を深めていきたいのであれば、『会話が必須』だという事。

 

考えてみれば当然だ。犬や猫ではあるまいし、言葉を発さずして、どうやってコミュニケーションを取るというのか。

しかし、それほど親しくない女性と会話をしていくにはまず、貴様の事を正しく認識してもらわねば話にならない。

 

正しく認識してもらうというのはつまり、貴様に対して警戒心や違和感を抱かせるような印象を与えないという事。

そして相手に警戒心や違和感を持たせずに声をかけるには、挨拶から入るのが基本。

 

しかし、その挨拶も無愛想だったりボソボソとした声では女性に良い印象を持たれず、その後の会話に続かないだろう。

印象というのは “出会って3秒で決まる” と言われており、一度植え付けられた印象をひっくり返すのは容易ではない。

 

そのため、やはり最初の挨拶というのは良い印象を持ってもらえるよう、笑顔で爽やかにすべきである。

その方が間違いなく相手の女性としても気分が良いはずだ。

 

また、声をかけるきっかけとして、挨拶というのは一番警戒されにくいと言っても過言ではない。

にこやかに挨拶をされて「え、何この人怖いんですけど!?」と感じる者はそう多くないだろう。

 

かの有名な Wikipedia にもこう書かれている。

人間同士が何らかの目的で顔を合わせる場合、すぐにその目的に関する話題を始めることはまずない。

最初に互いの姿を確認した際、言葉や身振り、あるいはその両方で互いに相手の存在を認めたとわかる行動をする(目を合わせ、手を挙げる、「やあ」と言うなど)。

さらに接近して話し始める際も、特定の動作や言葉で互いに話し始める。

これらの一連の行動が挨拶である。

引用元:Wikipedia

 

つまり、そもそも会話のきっかけとして挨拶をする、というのは正しい行いと言える。

したがって、貴様は好きな女性と話したければ積極的に挨拶をしていくべきなのである。

 

もし挨拶をしただけで警戒されてしまうのであれば、それは貴様の風貌、雰囲気が不審者同然であるからに他ならない。

一刻も早く身なりを整え、清潔感を出す事をオススメする。

 

手助けをきっかけにする

女性を注意深く観察していれば、何かに困っているという状況になっている事もあるはずだ。

そんな時、率先して手助けしてやる事で、女性は貴様に対して良い印象を持ちやすくなる。

 

そもそも、女性が困っているにも関わらず見て見ぬ振りをするのは “真にモテる男” と言うにふさわしくないと思わないか?

困っている人がいたら助けずにはいられない、貴様にはそんなヒーローのような男を目指して欲しいところだ。

 

例えば女性が重い荷物を運んでいる時などに、貴様から進んで「大丈夫?手伝うよ」と声をかけ、代わりに荷物を運ぶというのも悪くない。

月並みではあるが、男らしくて頼り甲斐のある人という印象を与える事ができ、貴様への好感度は必然的に上がるはずだ。

 

好感度が上がれば、向こうから話しかけてくれる可能性も高まるだろうし、貴様から声をかけても不審がられない。

 

なお、ここで重要なのは「手伝おうか?」ではなく「手伝うよ」と言い切ってしまう事。

相手の反応に任せるのではなく、貴様の意思で行動する事で、展開を有利に運ぶ事ができるだろう。

 

また、相手を助けてあげる事によって『返報性の法則』が働きやすくなるのもメリットとなる。

返報性の法則を簡単に言えば、「何かをしてもらったら、そのお返しをしなければ」と感じる心理の事だ。

 

貴様が女性に優しさのギブをすればするほどに、相手からテイクを受け取る確率も上がるだろう。

とはいえ、ギブ&テイクのような見返りを求めての行動はせず、心構えとしては “ギブ&ギブ” の精神で行動するべし!

 

けっして挙動不審になるな

ここまでは簡単に会話のきっかけを作る方法を述べたが、声のかけ方にも注意せねばならない。

たとえ手助けをしようと声をかけても、その貴様が挙動不審だったら全てが台無しになる。

 

恋愛二等兵
あ、ああぁあの、てってっ手伝うよ!!

 

こんな挙動では警察を呼ばれても文句は言えんぞ。

 

恋愛上等兵
大丈夫?手伝うよ!

 

やはり、これぐらいサラッと自然に行いたいものだな。

 

不自然な声かけというのは、相手に「何か裏があるのでは?」「下心があるのかも」と思われてしまう恐れがある。

それを防ぐためには

 

  • なるべく唐突さを出さず、あくまでも自然に
  • 普段からちょっとした優しさを見せておく

 

などといった行動を心掛けておいた方が良いだろう。

 

なお、モテる男には不自然さがない。声かけから誘いまで、実に無理がないと言える。

それを踏まえて今一度、己の挙動を鏡や動画で客観的に確認してみると良い。絶望で死にたくなるはずだ。

 

しかし、その絶望的な現実と正面から向き合ってこそ前に進めるというもの。

今の自分から目を逸らしたところで、望む未来は手に入らないのである。

 

逆に言ったら、今の自分の問題点が分かってしまえばそれを1つずつ改善していけば良いのだから、モテる男への道は開かれたも同然。

いいか、傷付くのを恐れるな。成長しない事を恐れるのだ。

 

好印象な話し方を学び、男として魅力的に映る第一印象を与えよ!

最初は丁寧語を使う

相手に親しみやすく感じさせるためなのか優位に立ちたいのかは定かではないが、男の中には、最初から女性にタメ口で話し掛ける者が数多くいる。

確かに、一見するとフランクで親しみやすい印象を受ける事もあるが、女性によっては不快に感じる事があるので注意が必要だ。

 

親しくもない関係性にも関わらず「○○ちゃん」と呼んだり、やたらと馴れ馴れしく接するのは、男として品がなく見えるので、実は避けた方が良い。

特に、20代も半ばを過ぎた辺りからは周りからの見る目も変わってくるため、言葉遣いには充分に気を付けておくべきである。

 

逆に、誰に対しても丁寧な言葉遣いで話す事ができる男というのは、何歳であっても品があり、好印象を与える。

ましてや、10代〜20代前半のうちからそういった最低限の礼儀を欠かさない男は、よりしっかりとした印象を与え、魅力的に映るはずだ。

 

最初は丁寧語で話し、親しくなるにつれて徐々にフランクな話し方に切り替えていけば、自然と相手との距離も縮まっていく事だろう。

 

言葉を遮らず、相手が話し終えるのを待つ

相手の話を最後まで聞かず「それって要するにさぁ」「俺の場合は〜」というように話を奪い、自分勝手に話を進めてしまう男は多い。

だが、何度も伝えている通り、女性というのは自分の話を聞いてほしい生き物だ。

 

にも関わらず、話の腰を折られ、あまつさえ会話の主導権を相手に持っていかれたとしたら、女性はどう思うだろうか?

当然、「こんな男とはもう話したくない」と思うはず。

 

また、中には会話を進めるのが苦手な女性もいるだろう。

だが、そのような女性であろうと、話を遮らずに最後まで優しく聞いてあげられる男は、当然好印象であるし、包容力を感じさせてモテるに違いない。

 

どうしても話したい事があるのであれば、相手の話をしっかりと聞き終えた上で自分の話をするのが良いだろう。

その方が、相手の女性も素直に耳を傾けてくれるはずである。

 

テンションや会話ペースを相手に合わせる

相手の気分やコンディションに関係なく、常にハイテンションで接したり、強引に話し続けたりするのは、空気の読めない男として間違いなくウザがられる。

結局のところ、自分の事しか見えていないので、相手の状況を考えられない行動を取ってしまうわけである。

 

一方で、相手が落ち込んでいたら静かに寄り添って話を聞いてあげたり、楽しい事があったら元気よく盛り上げてみたりと、相手の状況に合わせてペースを調節できる男は、配慮のできる優しい男として評価されるだろう。

ちなみに、このように相手の調子に合わせる事を『ペーシング』といい、ペーシングを行う事で、相手に「この人は自分の気持ちを分かってくれている」といった好印象を与えられるというわけだ。

 

以前話した内容を覚えている

この方法は、よく美容師や水商売などの接客業では当たり前のように行われている会話のやり方だ。

例えば、以前話した内容をメモを取っておくなどして覚えておき、さりげなく「そういえば、前にこんな話をしてましたけど、あれからどうなったんですか?」といったように再び話題を振る。

 

そうする事で、「この人は、自分の話した事にちゃんと興味を持ってくれている」と感じ、相手に好印象を与える事ができる。

お客の立場でいうなら、「またこの店に来たいな」「この人となら話したい」という気持ちになるわけだ。

 

相手の女性に対し、しっかりとコミュニケーションが取れている事を証明するために、前回話した話題を積極的に盛り込むべし。

 

明るくハキハキと話す

モテる男というのは、話している言葉が耳に入りやすいものだ。

話す速度はゆったりとしているが、ハキハキと通る声で喋るので、明るくて自信がある男だという印象を与えやすく、好感を抱いてもらいやすい。

 

その一方で、ボソボソと小さな声で話す貴様。

恐らく、「何か変な事を言ってしまうのではないか」「悪い印象を与えてしまったらどうしよう」などと気にしているから声が小さくなってしまうのだろう。

 

だが、ちょっと待て。そのボソボソ声こそ最悪の印象を与えているという事になぜ気付かない?

 

そんな小さなボソボソ声では、いまいち自信がなくて暗い男だという印象を与えてしまうので、第一印象としては非常にマズイ。

その印象を与えてしまった時点で「あ、この男は格下だな」と女性から判断されてしまうのである。そうなったら挽回は難しい。

 

第一、そんな聞き取りにくくて葬式帰りのようなトーンで話されても、女性としては何も楽しくなく、好感を抱くわけがないだろうが。

モテる男になりたいのなら、とにかく自分に自信を持ち、堂々とした声で話すべし。

 

心配するな。貴様の話し方が急に変わったからと言って、誰も気にしないから安心しろ。

 

なお、好きな女性をモノにする上で必要な『正しい会話スキル』というのは、今からでも身に付けるが出来る。しかも "最速" で。

どうしてもモノにしたい女性がいるという恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が好きな女性を手に入れるために必要な会話スキルを、最速で身に付けるたった1つの方法とは!?』

 


 

分かりやすく結論から話す

貴様は相手に何かを説明する時、要点を押さえず、時系列に沿って無駄にダラダラと話してしまうだろう。

すると、説明された相手はこう思うわけだ。「で、結局何が言いたいの?」と。

 

こんな調子では、相手は貴様の話す内容が頭に入らず、興味も持てないので、次第に貴様と話す事自体が苦痛に感じてしまうのである。

 

一方で、印象の良いモテる男というのは、相手に何を伝えたいのかが実に明確だ。

「○○って△△だよね!なぜかと言うと…」というように、まず結論から話し、次に理由を説明しているので、相手に伝わりやすい。

 

相手に伝わる会話ができれば、本当に伝えたい事があった時、しっかりと考えを伝えることができるし、相手も受け止めやすいだろう。

会話の着地点を最初に伝え、それに向かって話を進めるようにするだけで、ダラダラしてしまいがちな貴様の会話も、格段に伝わりやすくなるはずだ。

 

感情を乗せて話す

気になる女性と会話する機会ができても、貴様が無表情で淡々と話したり聞いたりしていては、相手は話していてつまらないし印象にも残らない。

やはり人間たるもの、喜怒哀楽をしっかりと表現してこそ魅力的に映るものだ。

 

好感度の高いモテる男というのは、感情を思いきり表現する男が多い。しかもそれを無意識レベルで行えているため、不自然さもない。

いきなりこのモテ男レベルに達するには少々大変だと感じるかもしれないが、喜怒哀楽を表に出すというのは非常に重要なので、是非とも取り入れてもらいたいところだ。

 

最初からフルパワーで感情を出すというのが難しければ、まずは面白い事があった時に目一杯、楽しそうに笑う事を心掛けてみるのも良いだろう。

普段あまり笑わない男が時折見せる無邪気な笑顔、こういうのに女性は弱い。いわゆるギャップ萌えというやつだな。

 

とはいえ、あまり話した事のない関係性ではギャップも生まれにくいので、第一印象を良くするためには、やはり喜怒哀楽…特に『喜』『楽』をしっかり表現すべきである。

 

常にポジティブに話す

会話の際、「いや、でも…」「そうじゃないよ、だって…」というように、やたらとベースの会話が否定的な男がいるが、こんな口癖は百害あって一利なし、一刻も早く封印すべきだ。

女性にとって大切なのは『共感』であり、否定はその真逆に位置する対応であると認識せよ。

 

好印象を持たれる男というのは、基本的にポジティブ、プラス思考であり、発言からもそれが伝わってくるものである。

相手の女性も、いつもネガティブな事ばかり言う男より、明るくポジティブな事を話してくれる男の方が一緒にいて楽しいに決まっているだろう。

 

もし貴様が、普段から無意識にマイナスな言葉を口にしてしまうのであれば、それを意識的に言わないようにするだけでも、相手からの印象は劇的に変わるはずだ。

なお、私の前ではいくらでも弱音を吐いて良い。なぜなら、そのたびに私がスパルタで教育し直してやるからだ!

 

話のリアクションは少し大袈裟に

相手の女性が何かを話してくれたとしても、貴様のリアクションが薄いと「私の話、そんなにつまんないのかな…」と不安になってしまい、話すのをためらってしまう。

しかし、貴様のリアクションが良ければ、女性も嬉しくなってどんどん話したくなり、つい色々な事を話してしまう事だろう。

 

会話における相手の反応というのは、その後の会話にも大きな影響を及ぼすものだ。

例えば、大勢の前で話をするセミナー講師や講演家でさえ、受講者の反応を見ながら「お、この話は反応が良いな、もっと話そう」とか「ウケがいまいちだな…話替えるか」といったように会話の内容を変えていく。

 

感情の薄いあっさりしたリアクションよりも、多少大袈裟でも楽しいリアクションをしてくれる男の方が、好印象を持たれるという事だ。

仮に相手が初対面であれば、尚更リアクションというのは重要であり、そこで印象に残るかどうかが決まると言っても過言ではない。

 

会話上手な男は聞き上手というのはよく聞くが、聞き上手とはリアクション上手でもあるのだ。

 

否定的な内容より、前向きな話題を

何に対してもいちいち否定的な発言をする男に好感を覚える女性がいるだろうか?いや、いない。

例えば共通の友人がいたとして、「あいつ、実は○○でさぁ〜」などと噂話をするというのも、その場では盛り上がるかもしれないが、発言している相手にネガティブな印象が残るので避けた方が良い。

 

人間というのは他人の悪口で盛り上がってしまいがちだが、本人の前で言えないような話ならば、控えた方が良いだろう。

なぜなら、そういった陰口はいずれ本人の耳に届くうえに、発言した貴様自身の周りからの評価も下がる事となるからだ。

 

それよりも、明るくなる話題、楽しい・嬉しいと言った感情を引き出せるような内容で会話をした方が、喋っている自分も気分良く話せる上、相手からの印象もポジティブなものとなるはずだ。

 

ネガティブな人間はネガティブな相手に惹かれ、ポジティブな人間はポジティブな相手に惹かれる。

貴様が常にポジティブな空気を纏えば、自然と意中の相手から寄ってくるかもしれんぞ。

 

声のリズムとトーンに気を付ける

女性に好印象を与える話し方には、声の要素も大きく関係している。

発言の内容に問題がなくても、なぜか相手をイラつかせてしまったり、相手の反応が良くなかったりする場合、声に問題がある可能性も考えられるのだ。

 

当然、ボソボソとした声よりも明るく元気な声の方が好印象なのは言うまでもない。

声の問題点を把握するためには、自分の声が相手からどういう声で聞こえているのかを知る必要がある

 

そのためにはまず、スマホアプリやボイスレコーダー等を使い、自分の声を録音して聞いてみる事だ。

恐らく、普段自分で聞いている自分の声と違うため、聞き慣れていないと戸惑うかもしれない。

 

だが、その声こそ、自分以外の人間がいつも聞いている貴様の声なのである。

本当の自分の声、話し方、聞き取りやすさ等を把握し、改善すべき部分があれば意識的に修正していく事で、より好印象を与える爽やかな声に近付けるようになるだろう。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすためにすべき、たった1つの事とは!?』

 

まとめ

 

気になる女性に好印象を与える話し方を実践すれば、貴様が第一印象で失敗する事はほぼ無くなるはず。

つまり、もう「話しかけて嫌われたらどうしよう」などと怯えなくて済むというわけだ。

 

また、モテる男というのは、こういった好印象な話し方というのを無意識レベルで身に付けており、常に相手の立場になって考える事ができている。

無意識にできない恋愛二等兵の貴様は、まず意識的に修正していく事から始めていくのが良いだろう。

 

会話にせよ振る舞いにせよ、それらを常に頭の中に入れておき、相手からの好印象を “異性としての好意” に変えてみせよ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が最速で "モテ男" になれた方法とは…!?↓

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です