美人が苦手な心理!もてない男が美人と話せないのは緊張だけが原因?

 

「美人が苦手で話せない…。なぜって?そりゃ緊張するからでしょう…」

 

美人に苦手意識を持つ恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!非モテの自覚があるからか、美人に対して苦手意識を持っているようだな!

話す機会があったとしても緊張でまともに話せない、そんなところだろうか。

 

大多数の男というものは、どんな女性に対しても平等に接するのができるわけではなく、やはり魅力を感じる女性とそうでない女性に対しては差が出てしまう

可愛い女性や美人な女性に対しては優しく、そうでない女性には素っ気ない、そんな男は多いはずだ。

 

しかし、それとは反対に、顔が良くて美人の女性に対して苦手意識を持って避けてしまう、貴様のような男も少なからず存在する。

これは一体どういった心理が働いているのだろうか?

 

貴様が思うように、緊張で話せないというのが理由だとしたら、なぜ緊張してしまうのか。また、他の原因、改善方法はなんなのか。

 

それを知りたい貴様のために、今回は私が詳しく『美人が苦手なモテない男の心理と、その改善方法』を解説する!

美人に対する苦手意識をなくし、美人を口説ける男となれ!

 

美人が苦手な心理!もてない男が美人と話せないのは劣等感が原因だ!

 

結論から言ってしまえば、美人に対する苦手意識というものがあるという事は、貴様自身が何かしらの劣等感を抱えているという事に他ならない。

それは容姿であったり、能力であったりと理由は様々だが、美人の前だと緊張してしまうという理由も、広く言えばここに含まれているだろう。

 

では、どういった劣等感から苦手意識を持ってしまったり、緊張してしまうというのだろうか?

これから話す具体的な原因と向き合う事で、己の本心が見えてくるはずだ。

 

まず、緊張に関して言えば、経験に乏しい恋愛二等兵の貴様は分かっている事と思うが、自分を実際よりも良くみせようとしている事からきていると言えるだろう。

美人の女性と少しでも釣り合って見えるよう、本来の自分よりも高い位置に自分を持っていくわけだが、その本来の自分がふと出てしまうのではないか、という不安から緊張してしまうのだ。

 

好感度を上げようとするあまりに、精神的に疲れてしまう。これでは遅かれ早かれボロが出るのも時間の問題だ。

 

そもそも美人が苦手というのは、美人が嫌いで仕方がない、という事ではない。

誰だって潜在意識の中では、可愛くて美人な相手に好かれたいと思っているはずである。それは人間の『優れた遺伝子の種を保存したい』という本能からくる欲求であるため、否定できるものではないのだ。

 

しかし、美人を苦手とする多くの男どもは、その本能の欲求に蓋をして、何か適当な理由…例えば「美人は性格が悪い」だの「美人は金がかかる」だのという事を並べ立て、最初から恋愛対象から外そうとする。

だが実際は、己の劣等感と向き合うのが怖いだけであり、自分がショボくて美人に相手にされないのが嫌だから、まるで自分から美人を遠ざけているかのように振る舞うのだ。

 

本当はモテたい、手に入れたいにも関わらず、手に入らないので、自分を納得させるための理由を作り上げる。まるでイソップ童話の “すっぱい葡萄ぶどう” ではないか。

 

また、美人な女性を避けたがる理由の1つに『相手が魅力的すぎる』というのも挙げられる。

これはどういう事かというと、恋に不慣れな貴様にとってみれば美人な女性の1つ1つが魅力的に見えてしまうため、たとえ友人として接していても、すぐに好きになってしまうのだ。

 

しかし前述の通り、自分に自信がないために、最初から叶わない恋だとして恋を諦めてしまう。とは言っても、好きな気持ちは残っているので、その葛藤に悩まされるわけだ。

なので、そんな風に悩んでツラい思いをするぐらいなら、最初から近付かなければ良い、という考えに陥ってしまうのである。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

美人が苦手な心理を克服するため、もてない男は会話力を身に付けろ!

 

前述のように、自分が傷付く事を避けるような “我が身可愛さの考え方” では、いつまで経っても魅力あるモテ男にはなれないし、美人はおろか普通の女性と自信を持って恋愛する事も不可能だ。

貴様が永遠に “恋に臆病な恋愛二等兵” のままでも良いというのならば、それでも良いだろう。それも貴様の選んだ人生だ。

 

だが、貴様が本当はモテたい、美人とも堂々と恋ができる男になりたいというのであれば、私の話はよく聞いておいた方が良いだろう。

なぜなら私は、今は自分に自信を持てない貴様でも、自信を持って女性を口説けるような男に変わる事ができると知っているからだ。

 

ではここからが大切なのだが、女性を口説くために必要な事、それが何か分かるだろうか?

勘の良い貴様ならもう気付いているかもしれんが、それは『会話』だ。

 

それもそのはず、会話がなくては口説く事などできないだろう。当たり前すぎてガッカリしたか? しかし、貴様らのような恋愛二等兵には圧倒的に欠けているものだ。

欠けているからこそ、会話を改善することによって自信を持つ事ができ、堂々と女性と接する事ができるようになる。それがたとえ美人であってもだ。

 

はっきり言ってしまえば、美人だろうと美人じゃなかろうと、同じ女性であり、もっと言えば貴様と同じ “人間” なのである。

ここに気付く事ができ、会話でのコミュニケーションが上手くなってしまえば、貴様は口説けるようになるし、現在の “モテない男” とは真逆の “モテる男” に生まれ変わる事も可能だ。

 

そして、上手い会話というのはコツがあり、一度コツさえ掴んでしまえば、あとはどれだけでも応用が可能となる。

つまり、一旦集中して習得してしまえば、その後を一生モテ続ける事ができるというわけだ。

 

…という事は? そう。モテるモテないは、貴様次第でいくらでも変える事ができるのである。

 

まとめ

 

美人に対して苦手意識を持つ男の心理、それは自分自身の劣等感が原因だ。

だが、その事実に向き合うと己が傷付くため、何か理由を付けて美人から遠ざかるのである。

 

しかし、そのような恋に臆病な恋愛二等兵でも、モテるための会話力を習得しさえすれば、堂々と口説けるような男に変わる事ができる。

本心では「モテて美人をGETできるようになりたい」と思っているのなら、その声から耳を背けずに、貴様自身でその夢を掴み取る努力をせよ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です