無言の時間は恋愛に必要?もてない男が沈黙を恐れる心理とその活用法とは

 

「好きな子との会話が途切れて、無言の時間ができるのが恐い…。沈黙するのってNGだよね…?」

 

口下手なのに沈黙を恐れる恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!好きな女性との会話の途中、ふいに訪れる無言の時間に恐怖を抱いているようだな!

やれやれ、そんなノミの心臓ではいつまで経っても女性をリードする事などできんぞ!

 

だが、好きな女性との会話が止まって沈黙の時間ができると、一緒にいるのがつまらないと思われているのではないかと不安になる気持ちも分からんでもない。

しかしだ。無言の時間というのは、実は貴様が思っているほど悪い事ではなかったりするのだ。

 

とは言っても、会話が苦手な貴様にはいまいちピンと来ないかもしれないな。

よかろう。ならば本日は『恋愛で無言の時間を恐れる心理と、沈黙の必要性』を教えてやろう!

 

沈黙の必要性を知り、沈黙に対する認識を改めよ!

 

無言の時間は恋愛でどう活きる?もてない男は沈黙を恐れる必要はなかった!

 

恋に不慣れな恋愛二等兵の貴様は、好きな女性との会話が止まってしまうと、どうしようもない不安と焦りに心を支配されるだろう。この恐れというのは、一体どこからくるのだろうか?

思い返してみてほしいのだが、貴様は家族と会話する時、沈黙があっても焦ったりするだろうか?恐らくは平気のはずだ。

 

しかし一方で、気になる女性の前では会話が途切れて沈黙が訪れると、すごく気まずい気分になってしまうのである。

これは何故かというと、やはりそれは関係が浅いためと言える。好きな相手とは言っても、まだどこかで警戒心を持っていて “心を開けられていない” という事。この状態を解消するためには、お互いについてもっと詳しく知っていく必要がある。

 

双方が理解していく事によって、貴様も相手も「この人には心を許して良いんだ」となれば、自然と沈黙に対して居心地の悪さを感じなくなるはずだ。

 

また、沈黙に焦ってしまう理由にはもう1つあり、それは『会話が続いていないと落ち着かない』という心理である。常に会話が弾んでいないと、相手がつまらないのではないか、嫌われているのではないかと不安の波が押し寄せてきてしまうのだ。

しかし、だからと言って会話を途切れさせないように話し続けるというのは、自分も相手も疲れてしまうだろう。無理した会話というのは結局のところ、相手を楽しませるという目的ではなく、話す事自体が目的となってしまっている場合が多い。

 

そして、沈黙の焦りから不要な発言が増え、余計なひと言を発する確率も上がるため、むしろ話す事で嫌われるという本末転倒な状態に陥るのである。

そうならないためには、沈黙に対する免疫をつける事だ。沈黙を受け入れられないから、沈黙を避ける。ならば、沈黙を受け入れてしまえば良いではないか!

 

沈黙を苦手とする貴様のような男は、沈黙を “良くない事” だと思っているため、沈黙になると慌てて話題を探しがちだ。しかし、それは新たなミスを誘発する原因となりやすい。

例えば、好きな女性と会話をしている時に沈黙が訪れると、貴様は何かしらの話題を探して話すわけだが、そこでどうでも良い事を言ったり、変な質問をしたりして相手を不快にさせてしまう場合がある。

 

それは、会話が途切れないようにと考える貴様の気遣いだったかもしれんが、相手はいちいちそこまで考えを巡らせたりはしない。単純に「なんでそんな事聞いてくるわけ?」となるだけだ。

なので、気を遣って沈黙を避けるために会話をした事がかえってマイナスに働いてしまったりするので、無理に沈黙を破る事が必ずしも良いとは限らないのである。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

無言の時間は恋愛で必須!もてない男は沈黙を活用して相手の気持ちを推し量れ!

 

沈黙というのは、会話をする上で避けては通れない事だ。初対面だろうと、どんなに親しい間柄だろうと、会話をしていく限りは沈黙の場面はどこかで訪れる。

その時、沈黙を嫌って場を繋ごうとすれば、一時的には話が弾んでいるように見えても、実際はただの落ち着きのない会話となるし、相手も話していて疲れてしまうだろう。

 

だが、沈黙というのはそれほどまでに避けるべき事なのだろうか? 先ほども述べた通り、沈黙というのは会話をする上で避けては通れないもの。ならば、それを恐れて無くそうとするのではなく、上手く活かす方向で考えてはどうだろう。

無言の時間というのは、家族や親しい友人の時は気まずいと感じないわけだが、それはお互いに心を許している関係だからである。ならば、あえて沈黙を作る事で、相手が貴様に対してどれぐらい心を開いているかが分かるのではないだろうか。

 

沈黙を作ってみて、相手の女性が気まずそうにしていたり、落ち着かない様子を見せていたら、それは貴様に対してまだ心を許していないという事となる。

逆に、沈黙でもニコニコしていたり落ち着いた様子を見せていたら、貴様と一緒にいるのは居心地が良い、と感じていると考えられ、心を開いていると判断できるだろう。

 

とはいえ、沈黙を避けるために相手の方から話しかけてきたからと言って、落ち込む必要はない。なぜなら、女性の方から一生懸命話してくるという事は、貴様に嫌われたくないと考えての行為とも言えるからだ。

このように、沈黙の時間が訪れた時、相手がただ居心地悪そうにしているだけか、居心地良さそうにしているか、話題を作ってくれるかで、相手の気持ちを推し量る事ができるのである。

 

まとめ

 

好きな女性との無言の時間というのは、貴様が思っているほど悪い事ではない。

誰しも会話をする上で、沈黙というのは避けては通れない。いや、むしろ必要不可欠なものなのだ。

 

無言を恐れて不必要な会話をしてしまうよりも、あえて沈黙を作った方が良い方向に進んだり、色々な事が分かる。

無言の時間も立派な会話と捉え、沈黙を恐れない男となれ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です