デート失敗!?次に繋げるため、モテない男でも出来る挽回策を知れ!

 

「デートに失敗してしまった!これはもう挽回もできずに終わりなのかな…」

 

すぐに諦めてしまう恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

貴様!自己流でデートに臨んだがゆえに、失敗しておめおめと帰ってきてしまったようだな!

この後はどうするつもりなのだ?

 

恋愛二等兵
うーん…。もう見込みがないので諦めようかと…

 

なんと愚かな!貴様は諦めの早さだけはトップクラスの成績だと言うのか!?

 

いいか恋愛二等兵よ。デートで失敗したからと言って、必ずしも “ジ・エンド” ではない

そこからの貴様の行動によっては、挽回できるチャンスがあるのだぞ!

 

いいだろう。そもそも貴様は何が失敗に繋がってしまったか、恐らく理解できていないやもしれん。

そこで今回は『モテない男が陥りがちなデート失敗パターンと、失敗後の挽回方法』を教えてやろうではないか!

 

失敗から学び、ミスはしっかり取り返せ!

 

デート失敗は次に活かせ!モテない男がやりがちな失敗パターン3つ

相手任せにし過ぎてしまう

モテない男がやってしまいがちなデートでの失敗、それは『相手任せで主体性がない』という事である。

例えば、「何か食べようか」となった時、貴様は相手に合わせようとするあまり「なんでもいいよ」「どこでも良いよ」などと言ってしまう。

 

これは一見、相手の意見を尊重する優しい発言のように思えるが、女性から見れば “男らしくない無責任な発言” として捉えられるのだ。

この場合、貴様は「もし自分が決めたお店が気に入ってもらえなかったらどうしよう」という恐れから相手に委ねてしまっており、『自分が決める』という責任から逃げているだけに過ぎないのである。

 

この心理を詳しく深掘りしていくと、根本にあるのは「センスないと思われたくない」「文句を言われたくない」といった、”貴様自身がどう思われるか” という事ばかりを気にしている所に辿りつく。

失敗したくないという気持ちは分かるが、我が身可愛さの行動ばかりしていてはデートが成功するはずがない。

 

言っておくが、デートだろうと何だろうと、成功への道に “リスク0” は存在しない

失敗するリスクを恐れて無難な方へと流れた先に待っているのは成功ではない。”別の失敗” だ。

 

そもそも、自分のチョイスがイマイチで失敗したり文句を言われたとして、それが何だというのだ? また別の提案をすれば良いではないか!

好みが分かれる部分における失敗というのは、別に大した事ではないので安心しろ。

 

それに、モテる男というのは皆、そうした失敗を乗り越えて成長しているのだぞ。

自分がどう評価されるかを考えている暇があったら、目の前の女性にどうやったら喜んでもらえるか、楽しんでもらえるかだけを考えろ!

 

女性目線で考えられない

女性の立場でものを考える。恋愛に不慣れな貴様が難しく感じるのは仕方のない事かもしれんが、モテる男はこれがよく分かっているものだ。

 

例えばデートの日、女性がヒールのある靴を履いてきても、モテない貴様は特に何も思わないだろう。

ところがモテる男は違う。「歩くの大変そうだな」と思い、長時間歩かせないよう適度に休憩を入れたりする配慮ができるのだ。

 

また、女性は男に比べて膀胱が小さく、さらには化粧直しをする必要があるため、トイレに行く回数が必然的に多くなる。そのため、トイレタイムをも考慮したデートができるかどうかも細かな配慮に繋がる。

そこに気付ける気付けないというのもそうだが、気付けた後の対応にもモテ男と非モテ男の差が出てしまう。もし女性がトイレに行きたそうにしていたら貴様はどうする?

 

何?「トイレに行きたいか尋ねるに決まっている」だと? 残念ながらそれは不正解だ。

 

正解は「ちょっとトイレ行ってくる」である。女性にトイレへ行きたいか聞くのはデリカシーに欠けるので、『自分が行きたい』という形で伝えれば、そのタイミングで女性も気兼ねなく行きやすくなるというもの。

このように、女性の立場になって考え、細やかな配慮や発想ができるか否かがデートの行方を左右すると言っても過言ではないのである。

 

自分をアピールする事に必死

モテない男にとってデートというのは社運をかけたプレゼンのようなもので、なんとしても成功させたいという思いは人一倍強いだろう。

しかし、その気持ちが空回りしてしまい、いかに自分が魅力的な商品かどうかというアピールばかりに終わってしまう恋愛二等兵のなんと多いことか。

 

そのため、気付けば貴様は自分の事ばかりを話し続けてしまい、結果、そのデートは失敗で幕を閉じる事となる。

 

女性は男に比べて会話が好きだ。いや、もっと正確に言えば “喋るのが好き” だ。つまり、貴様の話を聞き続けるよりも、自分が話したいと思っているはず。

なので、デートを成功に導くためには自己アピールをしてイメージアップを図るのではなく、女性の話を引き出し、女性が楽しいと思う環境づくりをしていく方が重要なのだ。

 

興味を持ってもらおうと自分を売り込むのは分かるが、そもそも興味が薄い男の話に興味を持てるわけがない。自分に関心を持ってもらいたいのであれば、まずは相手に関心を持つ事を心がけるべし。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

デート失敗!次に繋げたいなら、もてない男でも出来る挽回策を知れ!

 

デートに失敗してしまっても、その後のフォローによっては何とか挽回できる場合もある。

とはいえ、失敗の度合いによってはすぐに挽回できるケースとそうでないケースに分かれるため、状況に合った方法を取り入れる必要があるだろう。

 

会話が弾まなかった場合

デートで会話が弾まず、微妙な感じで終わってしまったという場合、挽回する事は充分に可能である。

不慣れであったがゆえに緊張し、うまく話が盛り上がらなかったというのであれば、それをしっかりと相手に伝える事が大切だ。誤解されたままでは、いくら他で挽回しようとしても次の誘いには応じてもらえないだろう。

 

まずはデートを盛り上げられなかった事を詫び、緊張でうまく話せなかった事を打ち明ける。そして、「本当はもっと話したかった」「また誘いたいと思っている」という旨を正直に伝えるのだ。

そうする事で、相手の女性を「そういう事なら、もう一度ぐらいなら…」といった気持ちにさせられるかもしれない。

 

なお、会話が盛り上がらなかった際の挽回方法については、下記で詳しく説明しているので、参考にすると良いだろう。

参考:『デート失敗!緊張で話せなかったその後の挽回は謝るのが最善策か!?』

 

相手に嫌われてしまった場合

デート中に何かをやらかしてしまい、相手から嫌われてしまったと感じた場合、なかなか挽回には時間がかかるだろう。

というのも、こういった場合はすぐにフォローの連絡をしようにも、相手の気分が落ち着いていなければ余計に悪いイメージを植え付ける事になってしまう恐れがある。

 

なので、この場合は言い訳や謝罪をする前に、まずは何が原因で嫌われてしまったのかを貴様自身が把握する事が先決だ。ひとことぐらいは謝っても良いが、許してもらえると期待するべきではない。

 

そして原因を突き止めたら、それを改善するための努力をするわけだが、その間は相手との接触を断つべし。

意味が分かるか?「一旦、相手の女性から身を引け」という事だ。

 

少しばかり相手の女性から離れ、その間にもっと魅力的な男になれるように修行し、ほとぼりが冷めた頃に再びチャレンジするのである。

その方が、結果的にうまくいく確率は上がると言えよう。

 

なお、嫌われてしまった際の挽回方法については、下記でより詳しく説明している。参考にすると良いだろう。

参考:『好きな人にしつこくして嫌われた!逆転したいなら挽回しようと謝るのはNG!?』

 

まとめ

 

いかがだろうか?今回は、モテない男がデートで失敗しがちな行動パターン、そして失敗した後の挽回方法について伝えた。

失敗した後でも貴様の立ち回り次第では、挽回して次に繋げられるチャンスを見出だせるようになるかもしれない。

 

先に言っておくが、このようなフォローをしたからといって、100%うまくいくとは限らない。

だが、失敗した後にただ指をくわえて見ているだけでは何の成長もしない。貴様がやれる事は全てやっておくべきだ。

 

ダメだったら落ち込むのではなく、なぜダメだったか、そしてそうならないために次どうするかを考え、常に前向きな思考で恋愛に臨め!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です