好きな人をご飯に誘う方法!脈なし女性の誘い方や相手の心理を知れ!

 

やっと来たか!いつも誰からも誘われない恋愛二等兵よ!

私が恋愛教育係のハートフル軍曹だ!

本日も、ビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろう!

 

今日も眉間にシワを寄せてどうした!パグの顔にでも憧れているのか!

何?「好きな人をご飯に誘いたいが、誘い方が分からない」だと?

 

なるほど、貴様のような恋愛二等兵は、食事に誘うのもひと苦労といったところか。

 

だが安心しろ!女性を食事に誘うという行為は、さほど難しいものではない

さらに言えば、誘いに応じてもらうのも、他と比べて簡単であったりする。

 

とは言っても、やはり貴様には難しく感じてしまうであろう。

そこで今回は、その辺りを踏まえ「好きな人をご飯に誘い、OKしてもらいやすくする方法」を貴様でも取り入れやすいように教えてやろうではないか!

 

食事も喉を通らない日々から抜け出し、好きな女性と美味しく食事を楽しめ!

 

好きな人をご飯に誘うために覚えておくべき5つの事

まずは食事に誘え

恋愛に慣れていない貴様のような恋愛二等兵の場合、仮にデートに誘えたとして、いきなり丸一日デートというのは、少々難易度が高いと感じるだろう。

なので、慣れる意味も込めて、最初は女性を軽く食事に誘うのがオススメだ。

 

二人で共に食事をする事で、お互いの関係性を深める事ができる。

さらに、他のデートに比べて短時間で済ませる事ができるので、貴様も一日中あれこれ考えなくても済み、少し気が楽だろう。しかも短時間という事で、女性も気軽に応じてくれやすいわけだ。

 

理由をつけて食事に誘え

しかし、普段から親しく会話をしていないような脈なし相手の場合だと、急に誘っても応じてくれる可能性は低い。

そういった場合は、何か食事に誘う理由を作れば良い。

 

例えば、何かの『お礼』として誘ってみる。「あの時は○○してくれてありがとう。よかったらお礼として、軽く食事でも〜」といった感じだ。

だが、あまり接点もない場合、何かしてもらった事すら無いかもしれない。

 

そんな時は逆に考えろ。 “お礼の口実を事前に作る” のだ。

つまり、前もって相手に何か手伝ってもらったり、お願い事を聞いてもらったりしておいて、そのお礼として誘う、という事だ。

 

貴様自身で、事前に誘うための種をまく事も大切なのである。

 

食事する時間帯も重要

また、食事の時間帯にも気を配るべし。具体的に言うと、ディナーよりもランチの時間帯の方が良いだろう。

なぜなら、ディナーだといかにもデート感があり、相手も「食事の後に何かあるのでは…?」と警戒してしまうが、ランチであればデート感も薄いので比較的OKされやすいからである。

 

ただし、食事に誘う時は “デート” という単語は使わずに声をかけた方が無難。

「食事デートしよう」と言うと、「えっデート?なんでアンタと」と相手も身構えてしまうかもしれないので、軽い気持ちでOKを出してもらうためにも、あくまで食事するだけという名目で誘うのが良いだろう。

 

気軽さを出せ

また、とにかく相手が手軽に行ける雰囲気を作り出すのもポイントだ。

 

恋愛二等兵
Aさん、軽く食事行かない?
Aさん
いいけど、いつ?
恋愛二等兵
Aさんはいつが良い?
Aさん
別にいつでも良いよ
恋愛二等兵
俺はAさんに合わせるよ!
Aさん
ありがとう、考えてみるね。何食べるの?
恋愛二等兵
Aさんに合わせるよ!
Aさん
うーん…(なんでこっちが決めないといけないわけ?)

 

気を遣うあまり、自分の意思がなくなっている。誘っておいて相手に決めさせるとは何事だ!

これではスムーズに話も進まず、手軽さもクソもない。

相手の女性に「なんか面倒くさそうだな…」と思われた時点で断られると考えておけ。

 

食事の誘いを断られにくくする方法

実は、相手から食事の誘いを断られにくくする方法がある。

まず、最初に難易度の高い誘いをして、断られたら、少し譲歩して難易度の低い誘いをする。すると相手は誘いに応じてくれやすい。

 

ドア・イン・ザ・フェイス』という方法は聞いた事があるだろうか?

これは、ビジネスシーンでも多用される方法なのだが、要求を断った相手に譲歩されると、自分も譲歩しないと悪い、という罪悪感を利用した心理テクニックである。

 

今回の場合だと例えば、まず最初に遊園地かどこかに誘ってみるとしよう。恐らく高確率で断られるだろう。

だが、その後に続けて「じゃあ食事だけで良いからさ」と言うと「まぁ、食事だけなら…」となりやすい、というわけだ。

 

このテクニックのコツとしては必ず、要求のレベルを下げる事。

例えば「遊園地行こうよ」から「水族館行こうよ」だと、誘いのハードルとしては変わらず、効果がないというわけだ。

それと、最初の誘いが「泊まりで旅行しようよ」のような突拍子もないレベルでも効果はない。あくまでも、二人の関係上であり得そうな要求をするのがポイントだ。

 

なお、それでも断られる場合は、しつこく誘ったりせず引き下がるように。

頃合いを見計らって、2〜3週間後に再度誘ってみると良いだろう。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

いかがだろう?これら5つの事を学び、貴様の中で食事に誘うというハードルが少し下がったのではないだろうか。

女性を食事に誘うというのは、けっして難しい事ではない。デートと考えず、気軽に誘う事で、相手も気軽に応じてくれやすいだろう。

 

ただし、食事に誘うというのはあくまでスタートライン、始まりに過ぎない!

小手先のテクニックだけに頼っていては、いざデートとなった時にあっさり振られてしまうだろう。

 

その先のデートを成功させるためには、何はなくとも会話が重要となってくる。

会話が上手ければ、どんな場所だろうとデートは成功するし、女性を口説き落とすのも極めて簡単なのだ!

 

貴様が会話の重要性に目覚めなければ、いつまで経っても恋愛二等兵から抜け出す事は不可能である!

それだけは覚えておけ。

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です