好きな人と距離を縮めるラインのコツ!もてない男はLINEの内容以外に問題が?

 

「好きな人とLINEを使って距離を縮めたい!…けど、ブロックされたりしないか不安で…」

 

離れていても距離を縮めたい恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい恋愛二等兵!どうやら意中の女性と距離を縮めるために、LINEの連絡先をGETしたようだな?

しかし、その様子だと何をどう送れば距離が縮まるか分かっていないとみえる。

 

実際のところ、まだ打ち解けきれてないような関係性の場合、どうしてもLINEの内容は質問と返事の繰り返しになってしまいがちだ。

だからと言って、そう気軽に電話で会話もできないというのが悩ましい現状なのではないか?

 

しかし、リアル会話や電話にはない、LINEだからこその距離を縮めやすいコツというものも当然あるのだ。

そこで今回は、貴様のようにモテない男でも今すぐ取り入れられる『LINEで失敗せずに好きな女性との距離を近付ける方法』を教えてやろうではないか!

 

LINEとリアル、どちらの会話も上手い “モテ男” となれ!

 

好きな人と距離を縮めるラインのコツ!もてない男がLINEで気を付けるべきポイント

 

LINEはメールと違い、リアルタイムのやり取りを行えるチャットのようなものであるため、どちらかというと短文でテンポ良く会話をするのに向いていると言える。

なので、基本的には1〜3行ほどでメッセージを送るようにし、長文は極力送らないのがオススメだ。

 

というか、貴様のような男から突然文字のかたまりが送られてきたら、相手の女性は引いてしまうはず。

そもそも長文というのはリアル会話で例えると、片方が一方的に話している状態であるため、コミュニケーションとしてはいかがなものか。

 

長文で送りたいような内容というのは、恐らく貴様にとって重要な意味をなす事のはず。

であれば、LINEで送らずに電話や直接会って話すべきである。

 

なお、長文がNGだからと言って、それを短文として何通にも分けて送っていては意味がない

ちまちまと送られてくるメッセージに、相手もウンザリしてしまうだろうからな。

 

長い文は言葉を要約し、一回で送れるような内容であれば、なるべく一回で済ませられるようにせよ。

 

また、文字でのコミュニケーションによく使われる顔文字だが、これも使い過ぎには注意せよ。

たしかにリアル会話とは違い、相手の表情や言い方などが見聞きできないため、正しく感情を伝えるために顔文字というのは有効だ。

 

とはいえ、全ての文の語尾に毎回顔文字が付いていたら、かなりウザい奴と思われても仕方がない。

なので、顔文字を使用するのであれば、3回に1回ぐらいの割合で使う程度に留めた方が良いだろう。

 

また、スタンプのみの返信というのも、基本的には避けたいところ。というのも、スタンプというのは余程変わったものでない限り、そこで会話が止まってしまう可能性が高いからだ。

さらに言えば、スタンプのみというのは返事に困った時、面倒くさくなった時の手段として使われがちであるため、手抜き感を相手に与える恐れもある。

 

逆に、相手の方からスタンプだけの返信が送られてきた場合、そういう意味を含んでいる可能性があると認識しておいた方が良いだろう。

 

うまくLINEでの会話が盛り上がり、やり取りが続くと、終わり時が分からなくなる時も出てくるはずだ。

そんな時、名残惜しさゆえに最後の最後まで送りたくなるかもしれない。

 

だが、そこをグッと堪えて、できるだけ相手からの返信で終わるようにした方が良い

その方が、トークの流れやタイミングなどの主導権を握りやすくなるからだ。

 

なお、相手からの返信が遅くても、けっして焦って連絡したりしないように。

何らかの事情があって返信ができていないだけかもしれないのに、そこへ返事を催促するようなメッセージが続けて送られてきたら、女性はどう思うだろうか?

 

返事がこなくて不安になる気持ちも分からなくもないが、男たるもの、いちいちそんな事で動揺せず、ドンと構えておけば良いのだ。

恋愛は焦った方が負けであると認識し、返事が来るまでは一旦忘れて自分磨きでもしておけ。

 

LINEでやり取りをする際、もっとも気を付けておくべきポイントは『大切な内容の話はLINEでしない』という事だ。

なぜ?と思うかもしれないが、やはり先ほども述べたように、文字だけのコミュニケーションというのは表情や声のトーンが分からないため、どうしても誤解を生みやすい。

 

例えば貴様の想いを伝えたり、デートに誘うなどの重要な内容をLINEで送ると、思わぬすれ違いを起こしたり、伝えたい意味とは違う解釈をされてしまう可能性もあり得るわけだ。

なので、何か重要で誤解の無いように伝えたい場合は、LINEではなく電話、もしくは直接会って伝えるのがベストだろう。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

いかがだろうか?LINEでのやり取りというのは、うまく使えば立派に相手との距離を縮めるコミュニケーションツールとなり得る。

だが、正しい方法を知らずにアプローチをしてしまうと、貴様とのやり取りに苦痛を生じさせてしまい、距離はむしろ遠ざかってしまうだろう。

 

LINEにおける正しいアプローチというのは、必ずしも話題が重要とは限らず、LINEの送り方やテンポの良し悪しだったりする場合もあるのだ。

声や表情は見えないにしろ、リアル会話と同様に相手の事を思いやり、不快感を与えずに好意を持ってもらうのが大切であると深く認識せよ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です