好きな人との距離感が近いか遠いかわからない!そんな時の判断方法とは?

 

「好きな人との距離感が近いんだか遠いんだか……全然わからないよー!」

 

いきなり叫ぶな!いつも目測を見誤る恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!好きな女性との心の距離感が分からなくてお悩み中のようだな!

まったく、本当に貴様はその両目でしっかりと相手を見ているのか、疑わしいところだ。

 

とはいえ、確かに恋に不慣れな貴様の場合、なかなか好きな相手との距離感を測るというのは難しいかもしれん。

好きな気持ちが先行してしまうと、どうしても自分の気持ちで物事を判断しがちになってしまうだろう。

 

だが、その調子で距離感も掴めないままに身勝手な気持ちの押し付けを行なってしまうと、相手との心の距離は近付くどころか遠ざかってしまうのがオチだ。

そのような事にならないよう、貴様は “相手との心の距離感をしっかりと判断できる男” になる必要がある。

 

そこで今回は『好きな女性との距離感を掴むための方法』を教えてやろうではないか!

分からないからと言ってうやむやにせず、理解しようと努めるのがモテる男の秘訣だ!

 

好きな人との距離感が近いか遠いかわからない!そんな時の判断方法とは?

 

好きな人との距離感が近いのか、それとも遠いのか。それらが分からない状態では、どう動いていいかの判断がつかないのではないだろうか?

 

相手を一旦好きになってしまうと、「会話やメールを毎日でもしたい」「もっと近付きたい」と思う反面、「しょっちゅう連絡したらウザいかも」「近付いたらキモがられるかも」などと葛藤してしまう事もよくあるだろう。

そんな事を考えていると次第に行動ができなくなり、気付けば他の男がアプローチしていた、という最悪な展開になりかねない。

 

そこで、まずは相手との心の距離感がどの程度であるのか、それをしっかりと見極める事が大切である。それが分かれば、おのずと連絡すべき頻度や物理的な距離感も分かってくるはずだ。

 

人間には『パーソナルスペース』というものがあり、相手との関係性によって4つの距離感に分類される。その関係性と距離感はざっくり言ってしまえば『恋人』『友人』『知人』『他人』によって区切られる。

とはいえ片思いである場合、どの関係性に該当するのかは相手との親密度によるため、非常に曖昧だ。

 

なので、深く考えずに接近してしまうと相手との距離感を間違える事になり、不快な気分にさせてしまう恐れもあるだろう。というわけで、好きな女性との心の距離感をしっかりと見定め、それに合わせて物理的な距離感も測っていかねばならない。

なお、距離の縮め方についてだが、基本的には心の距離を縮めてから体の距離を縮めていくべきである。というのも、心の距離が遠いのに物理的に近付いたところで、相手に警戒されるだけだからだ。

 

そもそも相手との距離感が分からないという事は、「自分が思っている距離感と違うように感じる」という事と同義だ。それはつまり “相手の気持ちが理解できていない” と言っているようなものである。

距離感というのは『相手を理解しているか』『相手の気持ちを考えているか』に繋がるため、自分の気持ちばかりを優先してしまうような男には判断できない。なぜかだと? “物事を客観的に見れないから” に決まっているだろう。

 

「自分がこう思っているから相手もこう思っているはず」「自分がこうして欲しいから相手もそうして欲しいはず」

このような考え方は非常に危険だと言わざるを得ない。

 

とはいえ、相手の気持ちを考え過ぎるとそれはそれで身動きが取れなくなってしまい、かえって距離が縮まらないという事も起こってしまうだろう。

そんな時は勇気を出して一歩踏み込む事で道は開ける。しかし、そこでも相手の気持ちに寄り添う意識は持った上で行動すべきである。

 

相手の気持ちや立場になって考える冷静さを持たねば、恋愛というのは失敗しやすいという事を覚えておけ。

距離感も相手に合わせてうまく調節できれば、自然と縮まってくるものだ。

 

では、どのようにして相手との距離感を測れば良いのか? それは相手の無意識のリアクションを利用して本音を探るのが一番分かりやすいと言えるだろう。

現在の距離感が近いか遠いか分からないといった状態ということは、ある程度の仲の良さは構築されているという事になるはずなので、それを踏まえて説明しようではないか。

 

まず、基本的に相手との距離感というのは少しずつ縮めていくのがセオリーではあるが、あえて一気に縮めようとしてみる事で相手の本音、無意識のリアクションを引き出す事ができるだろう。

これまでに二人きりでのデートや遊び、食事に行く機会が何度かあったのであれば、次の時に「もう少し一緒にいようよ!」「そういうトコ、好きだな!」と明るく伝えてみるのだ。

不意を突かれた相手がどういった反応を見せるかで、お互いの心の距離感がどれほどかを測る事が可能なはずである。

 

また、隣に並んで歩いている時や隣同士で座る時、いつもの間隔よりもあえて少し近付いてみるのも有効。

こうする事により、現在の相手のパーソナルスペースがどれほどかを測る事ができる。例えば友人同士のパーソナルスペースというのは45cm〜120cmと言われているが、あえて45cm以内に近付いてみるのだ。

 

ちなみにパーソナルスペースについては『女性と距離を縮める心理学!モテる方法は会話を少し変えるだけ!?』で詳しく解説しているので、よく知らない、という場合は目を通しておくべし。

 

45cm以内に近付いた時、相手が離れたり引いたような反応を見せれば、まだそこまでの距離感ではないと思っていると判断できるし、逆に何も気にする様子がなければ、貴様に対して近い距離感を持っていると考えられるだろう。

とはいえ、反応がイマイチよく分からなかったと言って多用してしまうと、この行為自体が相手に警戒されて逆効果となってしまう恐れもあるため、一回でしっかりと反応を見極める必要はある。

 

また、先ほども述べたように、この方法はある程度の関係性を築き上げているのが前提である。

明らかに距離感が遠い場合にこうした行いをするのは、相手の女性に不快感を与えて貴様の好感度を下げるだけなので気を付けておけ。

 

もしも相手との距離感がまだ遠いな…と感じるのであれば、下記を参考に、ゆっくりと距離を縮めた上で今回の方法をとい入れてみるのが良いかもしれない。

参考:『女性とゆっくり距離を縮める!もてない男が恋愛でゆっくり進展する方法とは?』

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

貴様のような恋愛二等兵の場合、好きな人との距離感がわからない場合、どう接していけば良いのかが判断できないために行動できなくなってしまいがちだ。

しかし、何か行動しなければと焦るがゆえに相手との距離感を深く考えずに気持ちを押し付けてしまうと、相手との心の距離は近付くどころか遠ざかってしまうだろう。

 

なので、好きな女性との心の距離感をしっかりと見定め、それに合わせて体な距離感も測っていかねばならない。

距離感は少しずつ縮めていくのがセオリーではあるが、あえて一気に縮めようとしてみる事で相手の本音、無意識のリアクションを引き出す事ができるはず。

 

とはいえ、距離感というのは相手を理解し、気持ちを考えているかという事に繋がるため、自分の気持ちばかりを優先してしまわぬよう、充分に気をつける必要があるだろう。

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です