女性と距離を縮める心理学!モテる方法は会話を少し変えるだけ!?

 

「好きな女性と距離を縮めたい…なんか良いテクニックないかなぁ…?」

 

すぐに裏技的なものを欲する恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと貴様の根性を叩き直してやろうではないか!

 

おい貴様!意中の相手と上手く距離を縮められなくて悩んでいるようだな!

何?「相手の女性とすぐに仲良くなれるテクニック」が知りたいだと? 何を甘ったれた事を!

 

貴様はすぐにそうやってラクをして物事を解決しようとするが、そんな精神でよくも私の訓練を受けようとしたものだ!

…とはいえ、いつまで経っても相手との距離が縮められなくては、関係が進展する事など望めないだろう。焦る貴様の気持ちも分からなくはない。

 

いいだろう。では今回は特別に『女性と距離を縮める時に役立つ、3つの心理学』を教えてやろうではないか!

貴様だけの特別メニューだ!ありがたく受け取れ!

 

距離を縮める心理学をうまく活用し、好きな女性と仲良くなれ!

ボッサードの法則

お互いの距離が物理的に近い男女は、心理的な距離も縮まりやすく、逆に物理的に距離が遠いほど心理的な距離は縮まりにくくなる、という法則を『ボッサードの法則』という。

よく同じクラスや同じサークル、同じ職場で付き合ったりする男女が多いのは、このボッサードの法則が働いていると言える。

 

つまり、このボッサードの法則を活かしたいのであれば、好きな女性と距離を物理的に近付けるべし。そうする事で、心の距離も近付きやすくなるだろう。

 

人間には “パーソナルスペース” という心理的な縄張りを持っており、関係性によってはそれ以上踏み込まれると不快に感じる、という距離がある。

家族や友人、そして他者といった感じで、パーソナルスペースは以下のように分類される。

 

  • 密接距離:家族や恋人など、ごく親しい人に許される距離・・・0~45cm
  • 個体距離:友人との会話など、相手の表情が読み取れる距離・・・45~120cm
  • 社会距離:他者との会話など、手は届かないが会話ができる距離・・・120cm~350cm
  • 公共距離:講演者と聴衆のような、複数の人を見渡せる距離・・・350cm以上

 

好きな女性との物理的距離を、上記の密接距離、つまり45cm以内に近付ける事で、相手に意識してもらって心理的距離も縮める、という狙いだ。

 

とはいえ、相手に不快感を与えては逆効果にもなり得る。なので、まず物理的距離を詰めてみて相手の反応を見る、というのでも問題ない。

女性が嫌がっていないようであれば、貴様に対して親しみや行為を持っていると考えて良いだろう。

 

自己開示の法則

片思いの相談に乗ってもらっているうちに、いつの間にか相談相手と恋仲になる、という話は聞いた事がないだろうか?

人間は、周りに話していないような個人的な話を打ち明けられると、その相手に親しみを感じるというものだ。これを『自己開示の法則』と呼ぶ。

 

つまり、貴様が女性に対し、何か悩みや秘密ごとを打ち明けると、女性は貴様に対して親近感を抱くというわけだ。

また、逆に相手の悩みなどを貴様が親身に共感して聞く事で、相手の女性からの信用を勝ち取るという事もできる。

 

が、こちらの場合は女性の方から打ち明けてくる必要があるため、貴様との関係性次第になってしまう部分もあるだろう。

なので、相手の女性と距離を縮め、親密になりたいのであれば、まずは貴様から心を開く事が大切なのである。

 

さらに言えば、他で言わないような秘密の悩みを相談する事で、さらに親密度を上げる事もできる。

人は秘密を共有すると親密度が増しやすくなる。これを『クロージング効果』というので、併せて覚えておくと良い。

 

相手の名前を呼ぶ

人は誰しも、特別感のあるキーワードを持っている。それは “自分の名前” だ。

たとえば、文章の中に自分の名前が入っていると思わず目が止まったり、ざわついている場所でもどこかで自分の名前を呼ばれると気付けたりするのは、この特別感を持っている証拠である。

 

名前を呼ばれる=存在を認めてもらっている、という事を無意識に感じているため、人というのは名前で呼ばれると嬉しく感じる。

つまりこれは “己の承認欲求を満たしてもらえる行為” となるため、名前で呼んでくれる相手に好感を抱きやすくなるという事なのだ。

 

これを恋愛に応用すれば、相手との距離をグッと近付ける事が可能となるだろう。

たとえば、出会って挨拶をする時などに「おはよう、◯◯さん」と名前も一緒に添えてみる。たったこれだけである。

 

呼び慣れていないと少し照れ臭いかもしれないが、相手は意外と違和感なく受け入れてくれるはずだ。

慣れてきたら挨拶だけではなく、質問をする際や会話の節々で、相手の名前を呼ぶように意識してみよ。

 

貴様のような恋愛二等兵は、つい名前を呼ぶのが恥ずかしくて「ねぇ」だの「そっちは?」だのと誤魔化しながら相手に声をかけてしまいがちだが、本当に距離を縮める気があるのかと問いたい

どうしても気恥ずかしければ、相手を下の名前で呼ばずとも、苗字+さん付けで呼ぶだけでも効果はある。

 

とはいえ、やはり下の名前で呼んだ方がより距離が縮まりやすいのも事実。

途中で苗字呼びから名前呼びに切り替えるのが難しそうと感じるのであれば、思い切って早い段階から下の名前で呼んでしまうのも一つの手だろう。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

このように、会話の仕方を少し変えるだけで、相手の反応にも変化が出てくるはずだ。

最初はなかなか取り入れるのは困難かもしれないが、そこをあえて意識して実践する事で、今までとは違った可能性が広がるだろう。

 

しかし、相手を甘くみてはいけない。貴様がどれだけ小手先のテクニックに頼ろうとも、根本的な会話力を磨かなければ、いずれメッキが剥がれてしまう事になる

今回教えた心理学やテクニックは、あくまでも相手との距離を縮めやすくするための手法であり、恋愛のサポートとして使うに留めよ。

 

そう、つまり最終的には “貴様の会話力がモノを言う” のである。

 

なお、恋愛で使える心理学については、他にも様々なものがあるので、下記より参考にしてみるのも良いだろう。

参考:『恋愛や会話に使える心理学で魅力的な男に見せ、惚れさせるテクニックとは?』

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です