おとなしい女性と会話して仲良くなる前に、貴様が知っておくべき事

 

現れたな!いつもモゴモゴと口籠もっている恋愛二等兵よ!

私が恋愛教育係のハートフル軍曹だ!

 

どうせ今日も恋愛二等兵らしく、女々しい悩みを持ってきたのだろう?言ってみろ。

 

…ほほう。おとなしい女性を好きになったが、どうやって会話したら仲良くなれるのかが分からない、と。

 

なるほど。今、貴様は大和撫子のような奥ゆかしい相手を狙っているのだな。

しかし、貴様のような男らしさの欠片もない恋愛二等兵に、上手くアプローチが出来るとは思えんがな。

 

…何?「だから今こうして聞いている」だと?

貴様!自分で問題解決できない分際で偉そうではないか!豚のケツに貴様の頭を突っ込んでやろうか!

 

ふん、まぁ良い。貴様のような口の聞き方もなっていないクソ男でも、おとなしい女性と仲良くなる方法、だったな。

 

いいだろう。だが、おとなしい女性と親密になる方法を学ぶ前に、知っておくべき事がある。

それは、おとなしい女性の特徴を知る事だ。

 

戦場で置き換えてみれば分かるだろう。敵の情報を知らずして、一体どうやって戦いに勝つというのか。

積極的で元気な女性と、おとなしくて口下手な女性とでは当然、口説くための戦術も違ってくる。

 

という事で、本日はまず “おとなしい女性の特徴と、そんな女性と親しくなる上で絶対してはいけない行動” について解説する!

 

まずは焦らずにそれらを把握した上で、後日改めて仲良くなる方法を伝授してやろうではないか。

豚のケツから頭を抜いて、しかと見よ!

 

おとなしい女性と会話を始める前に、まず特徴を知れ

 

では、おとなしめの女性の特徴について、3つに分けて簡単に教えよう。

もちろん、全ての奥手女性に当てはまるとは言わないが、おおよその傾向を知っておいて損はない。

大切なのは、丸腰で戦場にいくような真似を避ける事なのだ。

 

警戒心が強い

まず、おとなしい女性というのは誰に対しても、そうやすやすと心を開いたりはしない

相手の事をあまりよく知らないうちから、警戒心を解くような真似は行わないのだ。

 

こちらの事を慎重に見定め、心を開いても良い相手かどうかを判断している。言い換えれば臆病だったりするのだ。

 

そんな相手には、時間をかけて少しずつ警戒心を解いていってもらうよう、こちらも慎重な行動が試される。

無神経にガツガツと距離を詰めるのはご法度なのである。

 

口下手

おとなしい女性もまた、貴様のような恋愛二等兵と同様に、話すのが得意ではない場合が多い。

心を開いた相手ならば、不得意ながらも自分の言葉で伝えてくれる事はあるのだが、最初のうちはそれも難しい。

 

女性も自身の口下手については自覚しており、その意識がさらに緊張を招いてしまい、口下手が加速するのだ。

同じ口下手の貴様ならば、おそらく気持ちが分かるはずだ。

分からないのであれば今一度、貴様自身を見つめ直せ!このクソ霊長類め!

 

そんな貴様には孫子の言葉、「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」 を送ってやる。有り難く受け取れ。

 

受け身

おとなしい女性は口下手であるがゆえ、自分から積極的に話しかけるという勇気が出ない。

よって、必然的に受け身のスタンスになりやすいのだ。

 

話しかけてくれた事に対して感謝の念は持っているのだが、期待に応えられる会話が出来ないという思いから、やはり緊張して口籠もってしまうのである。

 

…先ほどから、まるで貴様自身の事を言っているようだな?

そういう場合、自分ならどうして欲しいか、それを考える事が大切だ。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

おとなしい女性にしてはいけない行動を把握せよ

 

仮に貴様が多少は女性に慣れ、緊張しなくなったとしても、おとなしい女性の場合はそれが逆効果になる可能性もある。

距離感に気を付けないといけない、というのは先ほど述べた通り。

こちらからアプローチする事は大切だが、その辺りのさじ加減には充分に注意せよ。

 

馴れ馴れしく接する

おとなしい女性は警戒心が強いという話をしたが、最初から馴れ馴れしく接してくる男に対しては、ことさらに警戒する。

進展性に欠けるからといって、急いで距離感を詰めようとすれば、この手の女性は思わず引いてしまうだろう。

相手が何も言わないからと思い、調子に乗ってガンガン攻める、なんていうのは言語道断だ。

 

やはり、じっくりと時間をかけて警戒心を解いてやる事こそが、おとなしい女性には適しているのである。

 

言動にデリカシーがない

相手の気持ちを考えず、自分の言いたい事を強気にガンガン話しかけてくる男は苦手である。

おとなしい女性は口数が少ない分「これを言ったら相手はこう思うんじゃないか」というような、 “相手がどう思うか” という事をよく考えるので、逆にそれが出来ない男に対して拒絶を起こしやすい。

 

ただし、積極的に話しかけてくれる男が嫌いというわけではない。相手の事を考えられない男が嫌いなのだ。貴様のようにな!

 

ボディタッチをする

馴れ馴れしい男に少し似ているが、さして親しくもないのに気安く身体に触れてくる男には、より警戒を強化する。

男に対して免疫があるわけではないので、そういった事をされると「この人は軽い」と感じ、引いてしまうのだ。

 

よほど親しくならない限り、おとなしい女性には触れるべきではない。あくまでも誠実に、だ。

 

まとめ

 

どうだ?おとなしい女性の特徴について、3つに絞って簡潔に解説したが、理解を深める事が出来ただろうか?

おとなしい女性というのは発言こそ少ないが、頭の中では奥手なりに色々と考えており、そこに合わせた行動が必要となってくる。

 

また、このタイプの女性にするべきではない行動についても一言で説明してみれば、重要なのは “相手との距離感” である。

警戒心が強い分、どうしても親しくなるまでに時間を要するのだが、その過程を無視して距離を詰めれば、たちまち拒否されてしまうだろう。

 

なので、おとなしい女性とは、関係性をコツコツと積み上げていくという事を意識して臨むと良い。

クソが服を着て歩いているような貴様でも、相手の心を開く事さえ出来れば、そこから先はスムーズに進むであろう。

 

もちろん、親しくなるための具体的な方法についても、近いうちに説明するつもりだ。

まずは本日教えた内容をしっかりと頭に叩き込み、来たる次回に向けて備えよ。

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です