好意を持つ女性と話す時に緊張してしまう男の心理には理由があった!

 

今日は時間通りに来たな!テンションの浮き沈みが激しい恋愛二等兵よ!

私は恋愛教育係のハートフル軍曹だ!

 

恋愛二等兵、今日はやけに呼吸が荒いがどうした!発情期か!?

何?「好きな女性と話すと、なぜか緊張してしまって会話にならない」だと?

 

やれやれ。貴様は自分がなぜ緊張してしまうのか、それさえも分かっていないというのか。

そんな空っぽの頭で、よく今まで生きてこられたものだ!ママに感謝だな!

 

まぁ良い。何事も適度な緊張は必要だが、緊張し過ぎてしまうというのは、己の本来のパフォーマンスを充分に発揮できず、失敗に繋がる可能性がある。

もし緊張と上手く付き合い、コントロールできるようになれば、好きな女性と話す際でも会話にならない、などという情けない事にはならないであろう。

 

よろしい、では今日は「好きな女性と話す時に緊張してしまう理由について」を教えてやろうではないか!

その変質者のように荒い呼吸を整え、緊張してしまう自分と向き合うが良い!

 

女性と話す時に緊張してしまう理由を知れ!

環境のせいではない

まず、上手くいかない事があれば何でも誰かのせい何かのせいと思ってしまう恋愛二等兵の貴様に認識しておいてほしい事がある。

それは「自分が上手くいかないのは全て自分のせいである」という事だ。

 

例えば貴様が男子校出身だったとして、女性と関わる環境が少なかった事を理由にし、外部に原因を求めたところで、何が改善すると言うのだろうか?

また、貴様と同じように女性と関わる機会が少なかった男の中にも、難なく女性とコミュニケーションが取れる男は存在する。

 

つまり、緊張して話せなくなるというのは、全くもって環境のせいではないという事だ。

緊張してしまう理由について、「女性と縁のない環境で生きてきたから仕方ない」と諦めてしまう男がいるが、その主張はズレていると言わざるを得ない。

 

結局のところ、今の状況を変えたいのならば、自分が変われば良いだけなのだ!

もしそれが出来ないのであれば、貴様は一生、右手とメイクラブしておけ

 

経験不足

恋愛二等兵の貴様は、こと恋愛において経験が乏しいため、先の展開がうまく予測できないのではないだろうか?

それこそがまさに緊張を引き起こしている原因なのだ。

 

誰しも、未知のものに対しては不安や恐れを抱く生き抜くための生存本能として、当然の反応である。

脳というのは、次に何が起こるかを予測できない場合、不測の事態に備えて、最悪の展開を想定してしまう。

すると、まるでそれが実際に起こってしまうかのように感じ、緊張を引き起こすというわけだ。

 

つまり、好きな女性と話す際に緊張してしまうというのは、経験不足からきている割合が高いのである。

しかしこれは逆に、経験を積んでさえしまえば、無駄に緊張せず、意中の女性と会話が可能になると言う事だ。

 

己が経験不足だという自覚があるのならば、まずは他の女性との会話で練習をしてみるのも良いだろう。

 

格好つけている

貴様は恋愛二等兵の分際で、好きな人に良い所を見せたいがために、無理して格好をつけようとしていないだろうか?

「何か面白い事を言わなきゃ」「スベったらどうしよう」「イケてると思われたい」などと考え、その結果、ボロを出してしまうのではないかというプレッシャーで緊張してしまい、何も話せなくなってしまう。

 

しかし、好意を持っている女性に対し格好つけてしまうというのは、オスの行動としてはある意味正しい

例えば、鳩などはメスに求愛行動をとる際、胸を膨らませ、首を伸ばし、本来の自分よりも大きく見せてメスの気を引こうとする

言わば貴様の格好つけも、求愛行動の一種であるという事なのだ。

 

だが、それが原因で話せなくなってしまっては、まさに本末転倒である。

虚勢を張り、自分を大きく見せるために格好つけるのではなく、普通にしていても自然と格好がついてしまう、そんな男になれるように努力のベクトルを変えよ

 

気が弱く受け身である

いつも気が弱い恋愛二等兵の貴様は、人から注目されたりだとか、どう思われるかという事を無駄に恐れているだろう。そういった気の弱さも、緊張を引き起こしてしまっている要因だ。

そもそも、気が弱いというのは、男としてかなりのマイナス要素である。

 

例えば、貴様がどこか店で食事をとる際、注文のために店員へ声をかけようとするが、気が弱いため堂々と主張できないわけだ。

そのため、遠くからジッと目で店員を追い続け、相手がこちらに気付き、察っしてもらうのを待っている

 

気の弱い貴様は、これと似たような事を、好きな女性にもやってしまうのだ。女性からしてみれば、不気味な事この上ない。

普段どう思われるかを異常に気にする割に、その不気味な行動に関しては、相手からどう思われるか考えられていないのが、謎で仕方がないのだが。

 

相手からの出方を伺うような受け身の姿勢から一歩踏み出し、緊張を乗り越えて自ら話しかけるという行動を起こせなければ、もはや好かれる以前に「不気味でヤバい男」に認定されるだけである。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

どうだ?好きな女性と話す時に緊張してしまう理由について述べたが、理解できただろうか?

経験に乏しいからと言って、虚勢を張ったり不安を感じたりする必要はない。それこそが緊張を引き起こしている原因なのだから。

 

また、そうして緊張してしまう事を周りの環境のせいにしていては、いつまで経っても状況は変わらない。

今後、自分が変わるという強い意思を持ち続ければ、メンタル、行動はいくらでも変えられるのだという事を認識せよ。

 

なお、その他にも緊張しないための具体的な方法がいくつかあるのだが、それはこちらの『女性と話す時に緊張しないコツを伝授!会話への苦手意識を克服せよ!』で詳しく伝えている!

貴様が恋愛二等兵から一刻も早く脱したいのならば当然、確認すべきだな。

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です