女性との初デート!食事は何を食べる?場所の決め方と成功に導くコツ

 

「好きな子と初めての食事デートだ!…けど、どこに何を食べに行ったら良いんだろう…?」

 

初デートに対する喜びと不安に振り回される恋愛二等兵よ!

これまで数々の非モテをモテる男へと変貌させてきた私、恋愛教育係のハートフル軍曹が、本日もビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!食事の場所に悩んでいるようだな!

 

恋愛二等兵
はい、どこで何を食べるのが良いのか、よく分からなくて…

 

ふむ、デートに不慣れな恋愛二等兵には必ず付いて回る悩み、それがデートの場所選びである。

どうやら貴様も例外ではないようだな。

 

食事をするという事が決まっていても、そこからいざ1つの店をチョイスするとなると、なかなか迷ってしまうものだ。

たしかに、ここの選択に失敗して次に繋げられなくなってしまっては元も子もないので、貴様の気持ちは分からんでもない。

 

だが案ずるな。これより貴様には『女性との初食事デートに失敗しない場所の決め方』、そして『初食事デートを成功に導く7つのコツ』について詳しく教えてやろうではないか!

是非とも内容を頭に叩き込み、初デートを成功させ、次に繋げるべし!

 

女性との初デートで食事の場所を決める際、決め手となる4つのポイント

騒がしさ

初デートでの食事は、店内がどれぐらいの騒がしさなのかも考慮しておくべきだ。

せっかく会話をして距離を縮めようとしても、大衆居酒屋のようにガヤガヤとした場所では声を張り上げて話さねばならず、お互いのストレスにもなりやすい。

 

かと言って、店内BGMもない静かすぎる店だと、今度は貴様も「周りの人間に会話が聞かれているのではないか」と気になってしまい、女性との話に集中できなくなる恐れもある。

騒がしくなく、それでいて図書館のようなシーンとした空間ではない、ほどよく周りで会話が飛び交っている店を選んだ方が良いだろう。

 

清潔さ

女性と食事をする際、最も気を付けなければならないと言っても過言ではないのが「店内の清潔さ」である。

いくら目星をつけた店のランチが美味しかろうと、ソファに穴が空いていたり、虫がその辺を散歩していたりするような店を選んではならない。

 

はっきり言って、食事の美味しさなんてのはさして重要ではない。

というのも、今やどの店もメニューのクオリティに大した差はなくなってきているから。

手作りだろうと業務用の冷凍を使っていようと、それなりに美味しく仕上がるのだ。

 

それよりも、透明感を感じるような清潔感のある空間かどうかの方が女性にとっては重要。

むしろ『清潔感のない店にいる=自分もそのレベル』だと女性は無意識に考えてしまうため、汚い店に連れてこられたら、そこに招いた貴様に対して嫌な感情を抱くに違いない。

 

なので、女性に「え、ここ入るの…?」と思われそうな年季の入った店ではなく、できるだけクリーンさを感じる店を選ぶようにするべし。

 

店内の明るさ

食事デートの場所を選ぶ際には、店内の照明も気にしておきたいところ。

当然ながら、店によって明るさというのは異なるわけで、明る過ぎればお互いの顔や表情はよく分かる。

だが、貴様にとってはそれが逆に緊張を生み出してしまう要因になったりもするだろう。

 

かと言って、暗過ぎるとある種の怪しさ・やらしさを感じさせてしまう恐れもあり、初デートには不向きと言える。

やはり初めての食事デートであれば、暗いよりも明るい方が安心感を与えるという意味でも有効だ。

 

また、”食事をしている顔などをあまり見られたくない” と感じている女性もいるので、暖色系の照明でほどよい明るさであるのがベスト。

とはいえ、暗い店でなければそこまで神経質に気にする部分ではないので、あまりここで悩み過ぎない事だな。

 

オシャレさ

女性を食事に連れて行くのであれば、店のオシャレさも店選びの基準に設けておく事をオススメする。

 

ダサい店もそれはそれでネタにはなるかもしれんが、初めての食事デートとなれば、やはりオシャレさを感じる店を選んだ方が女性ウケは良い。

爺さん婆さんが集うような昔ながらの喫茶店より、若い女性が思わずSNSに写真を上げたくなるようなオシャレ店の方が良いのは当然だ。

 

女性が「このお店オシャレ〜」と感じる部分に関しては、

 

  • 家具や食器、インテリア、店内装飾にこだわりがある
  • 店内の世界観に統一性がある
  • 料理の盛り付けが可愛い
  • 店内からの景色が綺麗

 

などといった部分なので、店を選ぶ際はその辺りにも注目してみると良いだろう。

 

ちなみに、たとえどのようなタイプの女性であっても、ある事をするだけであっという間に好意を抱かせて両想いになる事は可能。

実際、出会ってから3日で美女と肉体関係を結び、付き合うまでに至ったケースもある。


嘘だと疑う前に、まずは下記の記事を熟読し、モテる男へと近付け!


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすためにすべき、たった1つの事とは!?』

 

 

女性との初食事デートはどんなお店を選ぶのがベストか?

オススメはオシャレなカフェやスイーツなどの店

相手の女性と初めて食事に行くというのなら、いきなり気合いを入れて高級レストランなどに行くのは絶対にNG。

それよりももっと気軽に行けて、女性にとって心の負担にならない居心地の良いお店が一番である。

 

結論から言ってしまえば、初デートの食事はオシャレなカフェやスイーツの店を選べ。

 

というのも、目的は会話を楽しんで距離を縮める事なので、あまりがっつり食べる必要もないから。

また、女性が普段からよく行くような雰囲気で、客層も女性メインの店をチョイスした方が女性としても気持ちが上がり、純粋に会話を楽しんでもらいやすくなる。

 

貴様としてはマクドナルドで100円のハンバーガーでも食べていた方が気がラクかもしれんが、それならばモスやミスドを選んだ方がいくらかマシだろう。

とはいえ、マシと言っているだけでそれが良い選択であるとは言っていないので、鵜呑みにしてミスドを選んで失敗しないように。

 

女性の好みに合わせる

正直な話、貴様のような恋愛二等兵が独断と偏見だけで店選びをしてしまうと確実に失敗する。

とにもかくにも、重要なのは「相手の女性の好みを知る事から」だ。

 

女性が好きなもの・嫌いなもの、アレルギーの有無、どんな雰囲気が好きか等、相手の好みを知っておく事で選ぶべき店を絞る事ができるだろう。

女性の好みを知るためには直接本人に聞くのが一番手っ取り早くて確実なわけだが、ここで気を付けておきたいのが

 

「何が食べたい?合わせるよ」

 

といった聞き方をしてはならない、という事。

 

これは一見、相手の意見を尊重しているかのようだが、実際はただの丸投げである。

そんな丸投げ男に頼りがいを感じるはずもないので、まずそこで相手からの好感度は下がってしまう。

 

そうではなく、もっと分かりやすく

 

「何か嫌いな食べ物あったりする?」

 

などと具体的に聞き出し、それをもとに貴様が店を調べていった方が良い。

なお、ここで “好きな食べ物” を聞くのも良いが、必ず “嫌いな食べ物や食べられない物” に関しても聞いておけ。

 

というのも、いくら私が「初めての食事はスイーツがオススメだ」と推したとて、肝心の女性が甘いものが嫌いだったら選ぶべきではないのだから。

ちなみに他の安全策としては、ある程度メニューの幅がある店を選ぶ事で、女性が「嫌いなものばかりで食べられない…」といった事態を防ぐ事ができるだろう。

 

客層も考慮する

女性と食事デートをする際は、その店の客層にも目を向けておいた方が良い。

例えば相手の女性が20代後半だったとして、高校生ばかりが集うような店に連れて行ったら女性はどう思うだろうか?

 

「この人、中身が高校生レベルのままなのかな?」

「他にも素敵なお店はいっぱいあるのに、なんでここ?」

「もしかして、私がその程度の女ってわけ?」

 

多かれ少なかれ、このような事を感じてしまうに違いない。

なので、できるだけ相手の年齢に合わせた店を選んでおきたい。

 

「でも、客層なんて分からない…」

 

なんて不安がってる愚かな貴様も安心せよ。

今時は食べログなどのサイトで調べれば、店の客層ぐらいは記載されていたりするものだ。

 

抜かりなくチェックしておくとともに、下見の時に自分の目でも確認しておけば完璧である。

 

L字か横並びで座れる店がオススメ

食事をする際の座る位置によって、相手との会話が弾みやすくなるかどうかも変わってくる。

特に、女性との会話に緊張してしまう貴様のような非モテの場合、面と向かって向き合うような形をとってしまうと余計に緊張し、何を話せば良いか分からなくなりパニックに陥ってしまいやすい。

 

そんな貴様にオススメするのが、相手に対してL字になるように座れる丸テーブルやソファ席か、カウンターのような横並びの座席のある店を選ぶ事だ。

やはり相手の正面に対峙するというのは面接と同じで、多少なりとも心理的に緊張を生み出してしまい、会話がしにくくなりやすい。

 

ちなみに緊張してしまう理由としては、自分の表情を見られているという意識が働くため。

会話に慣れていたり人の目を全く気にしない者であれば変わらないが、普段モテない男の初デートともなると、無緊張というわけにもいくまい。

 

L字や横並びの座席であればこの問題点を解消する事ができるので、本来の力を出して会話をしやすくなるだろう。

 

初めての食事デートを成功に導く7つのコツ

相手を長時間拘束するな

私としては、初デートは食事だけで早めに解散しておく事をオススメしたい。

というのも、恋愛に不慣れな貴様がいきなり長時間女性を楽しませるなんて芸当ができるとは思えんからな。

 

少しでも長く一緒に居たいという気持ちも分かるが、ダラダラと時を過ごして盛り下がっては結局、最終的な印象も悪くなってしまう。

そうなれば、相手に残る貴様との食事に対するイメージは

 

「なんか気まずかったな」

「イマイチだったな」

 

であり、次に誘われても行きたいとは思わないだろう。

 

だが、逆に盛り上がったままの状態で終える事ができれば良いイメージとして記憶に残る。

だからこそ、名残惜しくとも相手に楽しい気持ちを与えたまま、早めに解散するのが吉なのだ。

 

店の下見・予約をしておけ

食事する店が決まったら、必ず下見と予約をしておいた方が良い。

「良さそうな店は選んだ。さぁ当日が楽しみだ!」ではない。

 

おそらく店選びにはネット検索などを活用すると思うのだが、文字や写真だけの情報ではやはり直接感じる雰囲気などは分からない。

そこに大きな落とし穴がある事もあるのだ。

 

「ネットに載っている写真だと良さそうだったのに、実際に行ってみたらイメージと違った…」

「店は清潔感があってオシャレだけど、店員が最悪だった…」

 

なんて可能性は充分にあり得る。

 

たとえ店側の問題だったとしても、そこに連れて行った以上、店の様子がそのまま貴様に対する評価にも影響するのは確かだ。

だからこそ、下見というのはしておいた方が良いのである。

 

また、予約も必ずしておく事をオススメする。

 

予約せずに行って満席で入れないなんて事になったら、それこそ貴様がテンパるであろう様子が眼に浮かぶ。

店の臨時休業日だったりする可能性もあるわけで、事前の予約時に確認しておく事でそういったリスクも回避できるだろう。

 

食事マナーに気を付けよ

物を食べる時というのは育ちが出てしまう。

箸やフォークの持ち方が変だったり、口に物を入れながらペチャクチャと喋ったり、食べ方が汚かったりすれば、いくら会話が盛り上がろうとも女性は気になるものだ。

 

たとえ女性がその時は気にならなかったとしても、後々になって何かの拍子に

 

「そういえば食事マナーもひどかったし、育ちが悪い人なんだな…」

 

と引き合いに出されてしまう恐れだってある。

女性が男を見る時は基本的に減点方式で判断する事が多いので、こうした努力でなんとかできるマイナス面は可能な限り改善しておくのが良い。

 

たとえ他の要素が素晴らしくても、食事マナーひとつで全てが崩壊してしまってはもったいない。

たかが食事マナー、されど食事マナーであると肝に銘じよ!

 

相手の話を楽しそうに聞け

女性と楽しく会話をするための秘訣は、貴様が頑張って喋り続ける事ではなく、いかに相手から話を引き出して話させるかが大切となる。

そのためには、能面のような顔でただ相槌を打っていてはダメだ。

 

女性が思わずノリノリで話し続けたくなる反応・リアクションをしていかなければならないわけだが、日頃から正しいリアクションを実践していないとどうしても不自然になりやすい。

なので最初のうちはある程度仕方ないが、女性のテンションを上げるリアクションについて練習をしておいた方が良いだろう。

 

なお、正しいリアクションや受け答えについては下記で伝えているので、女性の反応が悪かったり、なぜか会話が続かないと嘆いているなら参考にしてみるのがオススメだ。

参考:『女性との会話ネタに悩んだら!デートで話題がない時でも使える技とは』

参考:『恋愛で会話が続かない!会話が弾まない男でも好きな人にモテる方法』

 

スマホをいじるな

女性との会話がふと途切れた時、気まずくなりそうだからと言ってスマホをいじり始める男がいるが、何をスマホに逃げているのか。敵前逃亡は “死” を意味するぞ!

貴様は本当に女性を楽しませる気があるのかと正座をさせながら問い詰めたくなる。

 

食事中やデート中というのは、極力スマホは目につかない所へしまっておくのが最低限のマナーだ。

それが出来ずしてモテる男への道は開かぬと思え。

 

ちなみにスマホをイジっていると女性に「つまらないのかな」と感じさせてしまうわけだが、これは逆に “相手がスマホをいじりだしたら退屈に感じているサイン” という意味でもある。

そうならないようにコミュニケーションを頑張らねばならん。

 

そもそもだが、たまに訪れる沈黙を過剰に恐れる事はない。

むしろ、常にマシンガンのように喋り続けてくる男など女性にとって疲れる存在でしかないのだ。

 

会話がすぐに途切れてしまう状況としては、おそらく相手の返事が一言二言で終わってしまった時だろう。

そんな時、貴様も「あ、終わっちゃった…次の話題探さなきゃ…」となるから、次第に話題も尽きていくのだろうが。

 

会話を弾ませるために重要なのは、いかに1つの話題を深掘りして話していけるかだ。

そもそも女性との会話は尋問でも面接でもないのだから、一問一答のスタンスで盛り上がるはずがない。

 

ちなみに、1つの話題を深掘りしていくコツについては下記で伝えているので、会話がすぐに途切れると悩んでいる恋愛二等兵は読んでみると良いだろう。

参考:『女性との会話が苦手で失敗しがちな男でも出来る、話題を広げるコツ』

 

盛り上がっている時に次の食事に誘え

初めての食事デートがいかに順調であろうとも、次に繋げられなければ意味がない。

だからこそ早めに次の約束を取り付けておきたいわけだが、それもタイミングを誤ると断られる確率がグンと上がってしまうものだ。

 

なので、できれば誘いの成功率が高まっている時に次の約束の話をしていくのが良いだろう。

とはいえ、貴様にとってはそれがどのタイミングなのかがイマイチ分からないといったところではないだろうか?

 

結論から言えば、「盛り上がりがピークを迎えている時に次の約束を取り付ける」のが成功しやすい。

なぜなら、その瞬間が貴様への好感度が最も高まっている時だから。

 

話す事が無くなったので苦し紛れに次のデートについて提案したところで、次も楽しくないんだろうと思われて断られるのがオチだ。

もちろん、女性も空気を読んでその場では断らないかもしれんが、内心はもう二度とゴメンだと思っているので、後日適当な理由をつけて断ってくるだろう。

 

そうならないためにも、食事中はただ食べるだけではなく、相手と「美味しいね!」とプラスの感情を共有したり、たわいもない会話で楽しんだりして場を盛り上げる必要がある。

そして、それは男である貴様の役目である事を念頭に置いておけ!

 

スマートに会計を済ませるべし

食事を終えた後の会計の仕方にも気を抜いてはいけない。

こちらから女性を誘ったのだから貴様が奢るのは当然とも言えるわけだが、とはいえ、これみよがしに奢るアピールをするのはダサい。

 

可能であれば、女性がトイレに行っている隙などを見計らって、スマートに会計しておけるのが望ましいだろう。

恩着せがましくなくサラッと奢ってくれる男に対して、女性は「実はモテる人なのかも?」と思い、貴様に対する価値を高めてくれるかもしれんぞ。

 

また、そういったチャンスを逃した場合は普通に「奢るよ」と告げる事になるわけだが、女性の中には奢ってもらう事に対して申し訳なさなどを感じ、「私も出すよ」と言ってくる場合もある。

その時、いかに爽やかに返せるかどうかで貴様のモテ度が試されると言っても過言ではない。

 

「私も半分出すよ」と言われ、「いいよ、今日は俺から誘ったんだし」と返すのもけっして悪くないが、もし冗談を言い合える仲になっていれば「今日は良いよ、その代わり次フランス料理奢ってもらうからw」などと笑いに変えつつ、さらっと奢ってしまうのも有りだ。

いずれにせよ、女性の心に負担をかけないスマートさが出せるように心掛けるべし!

 

ちなみに、恋愛に役立つノウハウやテクニックをもっと深く知りたいというのであれば、下記ページの内容をじっくり読んでみると良いだろう。

小手先のテクニックだけでなく、貴様を真にモテる男にするために必要な事を余す事なく伝えているので、少なくとも損はしないはずだ。


好きな女性、美女を最速でモノにするための方法が知りたければ、まずはこのページの内容をじっくり読むべし!

 

 

まとめ

 

初めての食事デートを成功に導くためには、まず店選びに関する4つのポイントである

 

  • 騒がしさ
  • 清潔さ
  • 店内の明るさ
  • オシャレさ

 

を押さえておく事が大切。

それを踏まえながら、女性の好みを把握した上でカフェやスイーツ店など、女性ウケの良い店をチョイスせよ。

 

さらには、食事デートを成功させるための7つのコツも非常に重要となるため、是非とも頭に叩き込み、正しく実践していくべし!

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が最速で "モテ男" になれた方法とは…!?↓

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です