会話が弾まない男の原因とは?好きな人と会話が盛り上がらない3つの理由

 

「好きな人といつも会話が盛り上がらない…なんでだろう…」

 

好きな女性との会話が弾まずに悩んでいる恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

貴様は会話が盛り上がらない事に困っているようだが、何が原因なのかは分かっているのだろうな?

大抵の場合、その原因は男側…つまり貴様にある。

 

そこに気付けないと、他の外的要因に理由を探してしまい、永遠に悩みは解決されない。

まずは『会話が弾まない原因は全て自分にある』という事を認識し、そこから細かい原因部分について知っていく必要があるだろう。

 

そして、会話における貴様の問題部分を意識的して変える事で、会話の弾みやすさというのも変わってくる。

そうなれば、気になる女性との会話が楽しくなり、結果としてモテやすくなるだろう。

 

というわけで、これより「女性との会話が弾まない理由」を学び、女性との楽しい会話を実現せよ!

 

会話が弾まない男には、話が盛り上がらない明確な理由があった!

理解力、知識の不足

会話が弾まない男の特徴の一つとして、理解力が不足している事が挙げられる。

相手の女性と話をしている時、相手の放つ単語や内容の意味が分からず、「…へぇ〜?」というような感じで会話が続かなくなってしまうというわけだ。

 

なぜこうなってしまうかと言うと、単純に “貴様の知識や教養が足りていない事” に原因があると言える。

ちょっとした専門用語や小難しい話が出てきた時、相手の話している事が理解できないので話に乗れず、質問も思い浮かばない。

 

また、人気の映画や音楽、最近のニュースなど、”一般的に話題となっているものにうと” というのも問題だ。

せっかく会話のネタになりやすい題材であっても、貴様が知らなければそもそも話にならず、会話が発展しないのである。

 

もしや貴様、「流行りモノに乗っかるなんてダサい!」などと言って “世間に流されない自分” に酔ってないだろうな?

言っておくが、世間が注目している物事に興味を示さない男はほとんどが『モテない』。

 

なぜなら、女性というのは共感を重んじる生き物であり、“情報の共有” というのも一種の『共感』であるからだ。

つまり、世間一般の人間が知っている情報を知らないという事は、それだけ共感できる部分が減るため、女性から親近感を抱いてもらいにくくなる。

 

会話が続かないと嘆くならば、せめて普段から一般的な知識、教養を身に付ける努力をしたり、世の中で話題になっている事はひと通りチェックしておくのが良いだろう。

これは、けっして「メディアに踊らされろ」と言っているわけではなく、知識や理解力は無いよりもあった方が恋愛で有利だという事だ。

 

すぐに結論を出そうとする

貴様はせっかちで頭の回転が速いのか、はたまたそんな自分をアピールしたいのかは分からんが、相手が何かを話している途中でも「要するに◯◯だよね」といった感じで話をまとめようとする。

だが、相手の女性が話している事の結論を貴様が言ってしまったら、そこで話が終わってしまう。

 

女性と話す時というのは、最短距離でゴールに向かう事ではなく、その過程がいかに盛り上がるかの方が重要であり、むしろ、それこそが女性の求める会話である。

その辺りの認識を間違えると、頭の回転が良いと思われるどころか、話しててつまらない男と判断されてしまうだろう。

 

好きな女性との会話というのは、あくまでもコミュニケーションであり、会議ではないのだ。

すぐに結論を出してしまっては、なかなか会話も続かずに盛り上がらない。

 

日頃から「要するに」「つまり」という言葉を無意識に多用してしまう癖があるのであれば、意識して使わないようにするだけで、会話は改善されるだろう。

 

会話に対する苦手意識が強過ぎる

そもそも、会話に対して必要以上に苦手意識を持ってしまっており、会話が盛り上がらないという事も考えられる。

貴様自身が「自分は口下手でコミュニケーションが不得意」と思い込んでしまっているため、余計に話が弾まないのだ。

 

苦手だという意識を強く持ってしまうと、自己暗示のような作用が働き、ますます苦手になっていくのが人間というものである。

そのような思考でいると、そんな自分でいる事が当たり前となり、まるで先天的で治らない病かのように感じて、「自分じゃ会話が上手くなるなんて無理だ」と無意識に考えてしまう。

 

そうなると、当然いつまで経っても会話は上手くならないし、自信も持てないために女性からもモテない。

『会話が下手』という自覚を持つのは大切だが、それに捉われ過ぎて足枷あしかせとならないよう、気を付けねばならないのである。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

会話が弾まない原因、それは全て貴様自身に問題があった。

好きな女性との会話が盛り上がらない “3つの理由” を知る事で、何を改善すれば良いかが明確になった事だろう。

 

会話というコミュニケーションを重視する女性にとって、会話が弾む男というのはそれだけで好印象だ。

女性からの好印象を獲得できれば、恋愛対象として見られやすくなり、後々、相手を口説き落としやすくなるはずである。

 

なので、一にも二にも、まずは会話を盛り上げられるようにする事が先決と言える。

そして、”会話下手な恋愛二等兵” から “会話上手な恋愛将校” となり、近い将来、必ずや意中の女性をモノにするべし!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



2 件のコメント

  • 当てはまる彼氏でした。
    私に対してだけだと思ってましたが、同年代の男性に対しても会話が弾まず。。。

    年齢で物事を決めるのは良くないですが42歳でした。

    これを転送してあげようかと思いましたが、知らないままの方が幸せなのかと思います。

    とても参考になりました!

    • コメント、心より感謝する!
      たしかに年齢を重ねれば重ねるほど、それまでの自分を変えるのは困難になりがちだ。

      そんな人間が変われるのは・・・そう。自分自身で問題点に気付けた時である。

      また、ある程度の年齢に差し掛かった男には、ストレートに伝えてしまうと
      プライドが傷付いてしまう恐れもある。取り扱いには充分に注意すべし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です