恋愛向けの心理学で惚れさせる!女性に好意を抱かせる行動テクニック6選

 

点呼をとれ!焦ると早口になる恋愛二等兵よ!

私が恋愛教育係のハートフル軍曹だ!

本日も、ビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろう!

 

どうした恋愛二等兵、今日は随分と落ち着きがないではないか!

何?「好きな女性からできるだけ早く好意を得る裏ワザを知りたい」だと?

 

貴様ぁ!何が裏技だ!ふざけた事をぬかしおって!!

そんなモノがあるわけ…

 

いや待て。

裏技というほどではないが……有る!「通常よりも相手からの好意を得やすくする心理学のテクニック」が!

これを活用すれば、女性の心を貴様に向けさせる事が可能となるであろう。

 

是非とも知りたい、といった顔をしているな?

仕方がない、では教えてやる!だが、断じて貴様がラクをするためのテクニックではないという事は肝に銘じておくように。

 

あくまで紳士的に、ここぞという時に使うべし!

 

恋愛で使える心理学で惚れさせる!女性との仲を深めるテクニック6選

ザイオンス効果

ザイオンス効果」とは別名「単純接触効果」とも呼ばれており、特に興味がなかった人物でも、何度か関わるうちに好感度が増すという心理効果の事である。

つまり、好きな女性と一度に長時間接するより、短時間でも会う回数を増やした方が良いという事だ。

 

また、直接会わなくとも、電話やメール、LINEでのやり取りもこれに含まれる。

という事は、日頃から少しでも相手とコミュニケーションをとっておく方が、より好感度を上げられるというわけだ。

 

ただし、回数は多ければ良いというものではない。最小で週2〜3回、最大でも1日1回程度のやり取りが効果的である。

 

カリギュラ効果

「してはいけない」と禁止されると、逆に「したくなってしまう」、この現象の事を「カリギュラ効果」という。

童話、鶴の恩返しで「このふすまを絶対に開けないでください」と言われたにも関わらず、つい気になって開けてしまうというのも、このカリギュラ効果が働いている。

 

好きな女性と “お互いしか知らない秘密” を共有する事で感情を動かす。そうする事で、秘密を共有している貴様と連帯感や仲間意識が生まれ、相手からも興味を持たれやすくなるだろう。

共有する秘密は貴様自身の事を打ち明けるべし。悩みや弱点、苦手な物など、他の人には知られたくない事を二人だけの秘密として共有すれば、女性は「私だから打ち明けてくれたんだ」と好感を持つはずだ。

 

ただし、秘密を共有すれば良いと思って、アレもコレもと打ち明ければ良いわけではない。秘密の数はできるだけ少なくした方が効果的である。

 

好意の返報性

人から受けた好意に対し、何かお返しをしなくては、という気持ちにさせる事を「好意の返報性」という。

誕生日プレゼントを貰ったら、大抵は相手の誕生日にもプレゼントを用意するだろう。これもつまりは好意の返報性である。

 

これを恋愛に当てはめると、相手に対して好意を向ければ、相手も好意を持って接してくれるというわけだ。

とは言っても、何かを買ってあげたり、贈り物をすれば良いというわけではなく、もっと気軽に相手が返せるような好意を向けるべし。

例えば「相手を褒める」「相手の話を楽しそうに聞く」「親切にする」といった感じであれば、相手も好意を返しやすいので効果が出やすい。

 

しかし、「好きだと伝える」など、相手が気持ちを返せないと感じるような好意は逆効果

そうした場合、好意を返せない気まずさから、貴様との関わりを避けるようになる恐れがあるので注意だ。

 

さりげなく好意を向け、相手も好意を返してくれているうちに、徐々に好感度も上がってくるだろう。

 

吊り橋効果

吊り橋効果」とは、不安や恐怖を強く感じている時に誰かと接すると、”恐怖心によるドキドキ” を “相手へのドキドキ” と錯覚し、その相手に恋愛感情を抱きやすくなる現象の事である。

非常に有名な心理テクニックなので、恋愛二等兵の貴様でも耳にした事はあるはずだ。

 

例えば、ジェットコースターやお化け屋敷のようなアトラクションを一緒に体験したり、ホラー映画などを好きな相手と一緒に観る事で、この吊り橋効果を得る事ができるだろう。

ただし、このテクニックは継続的な効果が得られるわけではなく、一時的に錯覚を起こさせるものなので、あくまでも好きになってもらうきっかけ作りとして活用すべし。

 

認知的不協和理論

人間というのは、自身の行動や感情に一貫性を持ちたがるため、自分の中で矛盾した行動や感情を起こしてしまった時に違和感を覚える。これを「認知的不協和理論」と呼ぶ。

そして、この認知的不協和理論が働くと、どうにか行動や感情に一貫性を持たせようとして、無意識に矛盾のない状態を作り出そうとするのである。

 

これを恋愛に活用すると、例えば好きな女性に簡単な頼み事をして、相手から親切にしてもらう。

すると相手は、好きでもない相手に優しくしている自分に矛盾を感じ、認知的不協和が生まれる。

 

そして、その矛盾を修正しようと「この人に優しくするのは、この人の事が好きだからだ」という考えに置き換わるという事だ。

つまり、相手の頼み事に応えているうちに、相手のことを好きになってしまうのである。

 

類似性の法則

よく知らない人物でも、出身地が同じだったり趣味が同じだったりすると親近感を覚える、といったように、自分との共通点がある人物に対して好意を持ちやすくなる心理を「類似性の法則」という。

例えば出会った相手が、小さい頃に同じ幼稚園に通っていて、似たような環境で育ち、現在同じような職種で働いている、となった場合、相手との運命を感じざるを得ないだろう。

 

そこまでとは言わずとも、相手との共通点が多ければ多いほど会話も弾みやすく、お互いに好意を抱きやすくなるので、類似性の法則が効果を発揮しやすくなるはずだ。

なので、普段の会話などから、相手との共通点を探しておくと良いだろう。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

まとめ

 

いかがだろうか?今回は好きな女性からの好意を得やすくする心理テクニックを6つ伝えた。

これらのテクニックを効果的に活用すれば、意中の相手に興味を持ってもらう事も可能となるだろう。

 

また、貴様の評価を上げるための心理テクニックは『恋愛や会話に使える心理学で魅力的な男に見せ、惚れさせるテクニックとは?』で伝えているので、あわせて活用するのも効果的となるはずだ。

 

しかし、こうした心理テクニックはあくまでも貴様の恋をサポートするものであり、これに固執すべきではない。

大切なのは相手を想う気持ちであり、それを伝えるためには日頃からのコミュニケーション、つまり会話が重要となるのだ。

 

会話力と心理テクニック、双方を効果的に活かし、好きな女性を落とせる “モテ男” となれ!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です