誘ったら「なんで?」誘った理由を聞かれたモテない男が女性にすべき事とは

 

「好きな女性をデートに誘ったら「なんで?」と言われてしまった…。どう答えたら良いのか分からない…」

 

きたか、今日も悩める恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!どうやら女性をデートに誘ったところ、理由を求められてしまったようだな!

なかなか酷な質問をされ、さぞ悩んでいる事だろう!こちらとしては貴様の困っている顔など、既に見飽きているのだが。

 

それはまぁ良い。問題はデートに誘った理由だったな。これにしっかりと答える事ができない限り、貴様は好きな女性とデートをするのは難しいと言っても過言ではないだろう。

だが、実際はそんなとんち問題のような事に答えずとも、女性をデートに誘う事はできる……というか、それが普通だ。

 

世のモテる男どもは、そのような質問を女性からされる事はないし、されたとしても上手く答えられるもの。

一体、貴様と何がどう違うのだろうか?

 

というわけで、本日はこれより『好きな女性をデートに誘った時の理由作りと、理由の要らない誘い方』を教えてやる!

誘うための正しい手順を踏み、正しくデートに誘え!

 

誘ったら「なんで?」とデートに誘った理由を聞かれた!モテない男が答えるべき理由作りの方法

 

好きな女性と親密になって付き合いたい!そう思って「ご飯行こうよ!」と誘ったら「え、なんで?」と言われてしまう。

どうして貴様が言葉に詰まってしまうような質問が、女性の口から飛び出すのだろうか?

 

はっきり言ってそれは実に単純、というかそのままで、それは「なんで私なの?」という純粋な疑問からきているのだ。

こうなると、女性からの「なんで?」に対し、しっかりと納得させるだけの理由が必要となるのである。

 

もちろん、相手が納得しうるだけの理由が答えられれば「なるほど、じゃあ良いよ」となる事も充分にあり得る。

要は、相手の女性は “自分が貴様に誘われた必然性” が知りたいだけなのだ。

 

しかし、必然性を伝えるためとして「あなたが好きだから」と答えるのはオススメできない。

なぜなら、それは貴様にとっての必然性であるかもしれないが、相手にとっての必然性にはならないからだ。

 

誘う段階で「好きだから」と言ってしまうのは、これもまた唐突に告白をしているという事になり、不自然なのである。

そもそも、関係性も構築されていない段階でそのようなアプローチをしても断られるのがオチであり、リスクが高過ぎると言えよう。

 

まず前提として、デートに誘う理由を答えるにあたって大切なのは、”重くならない事” だ。

女性からしても、男とのデートというのはやはり多少なりとも身構えてしまうものであり、やや心理的ハードルが高い印象を持っている。

 

ましてや、あまり関係の深くない相手から誘われた場合、なおさら重たく感じてしまうだろう。

そのため、デートという単語を口にした瞬間、貴様が断られる確率は跳ね上がってしまうと予想される。

 

なので、『デートに誘っているという雰囲気を出さない』というのが、今の段階で貴様が女性をデートに誘う時のコツである。

 

なお、デートの誘い方については、下記でもいくつか伝えているので、参考にしてみるのも良いだろう。

参考:『デートの誘い方は直球ストレートに誘う男がモテる!?OKをもらう方法とは?』

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

誘ったら「なんで?」と理由を聞かれないために、モテない男がすべきたった1つの事

 

そもそも「なんで?」と思われるという事は、女性にとって貴様に誘われる事は想定外であり、不思議に感じているという事だ。

という事はつまり、貴様のその行動というのは “不自然で唐突だった” という話になる。

 

では、なぜ不自然に感じてしまうのか?

それは、貴様がまだデートに誘うアプローチをする段階ではなかったからに他ならない。

 

例えば、日頃から相手の女性と仲良く雑談・会話を楽しめている間柄であれば、気軽に「どこか遊びに行こうよ」という話を持ちかけても二つ返事で「うん、行こう行こう!」と答えてくれるのである。

その関係性を構築できていない状態で「どこか遊びに行こうよ」と言われても「え、なんで私とあんたが?」となってしまうわけだ。

 

そう考えると本来、貴様はまだ相手の女性をデートに誘うべき段階ではなかった、という事実が浮かび上がってくる。

だからそこに『あなたが好きだから』という理由以外で、相手の女性が納得しうる理由が必要となってしまうのだ。

 

なので、今貴様がすべき事はデートに誘う事ではなく、『好きな相手との距離を縮める事』なのである。

貴様は勘違いしているかも知れんが、デートに誘ってから相手との距離が縮まるわけではない。距離が縮まっているからデートに誘えるのだ。

 

そして、好きな女性と距離を縮めるためには当然、”会話の仕方” が重要となってくる。

それもそのはず、会話も無しにコミュニケーションを取るなど、この人間社会においては不可能に近いからな。

 

つまり、貴様が気になる女性をデートに誘いたいのであれば、まずはデートに誘っても違和感のない関係性を築く事

そして、そのためには相手との心の距離を縮める必要があり、距離を縮めるためには会話でコミュニケーションを取っていくのが非常に本質的で重要、というわけだ。

 

なお、相手との距離を縮める会話については、下記を参考するとより深く学べるはずである。

 

参考:『距離を縮めたい片思い中のもてない男へ!早く付き合いたいなら○○すべし!』

参考:『少しずつ距離を縮める会話とは?片思い女性との恋愛を成功させよ!』

 

まとめ

 

デートに誘って相手から理由を問われた場合、その女性を選んだという必然性が必要となってくる。

しかし、そもそも理由を問われるという時点で、相手との関係性はまだまだ薄い事を意味しているのである。

 

なので、そんな疑問を抱かせないためにも、まずは相手との距離を縮めておくのが先決であり、当然の順序と言える。

そして距離を縮めるためには、会話によって相手の女性と仲良くなっていくのが間違いないだろう。

 

そこから逆算して行動していけば、今とは違ってスムーズにデートの誘いを行えるようになり、相手にもすんなりと応じてもらえるようになるはずである!

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です