2回目のデートで話す会話のネタがない!付き合う前の女性に好かれる方法とは

 

「やった!2回目のデートに漕ぎつけた!…けど、もう会話のネタがないんだよなぁ…」

 

喜びと焦りのあいだで揺れ動く恋愛二等兵よ!

本日も恋愛教育係の私、ハートフル軍曹がビシバシと愛に溢れる恋愛指導をしてやろうではないか!

 

おい貴様!どうやら、2回目のデートに誘ってOKをもらえたようだな。

これはまさに、貴様が1回目の初デートで気合を入れて臨んだからこそ、2回目のデートに漕ぎつける事に繋がったわけだ。

 

しかし、そこで全力を出した結果、今まさに「もう話すネタがない!」と焦っているのではないだろうか。

 

さて、そんな貴様をさらにあせらせてしまうグッドニュースだ!

なんと、2回目のデートというのは、1回目よりも女性からのジャッジは厳しくなるのである。

 

ま、当然といえば当然だろう。初デートはお互い少なからず緊張をしていたわけで、2回目となれば少し冷静に相手を見る余裕ができるはずだからな。

 

このように、相手からの見る目も厳しくなれば、必然的に重要度も増す2回目デート

これが成功するかしないかで、貴様の恋愛ライフが大きく変わると言っても過言ではない。

 

そして、成功させるためには、2回目のデートでいかに女性との距離を縮められるかにかかっている。

というわけで、今回は『2回目デートで好きな女性との距離を縮める会話ネタ』を教えてやろう!

 

2回目のデートで話す会話のネタがない!付き合う前の女性に好かれる方法とは

 

先ほども述べたように、2回目のデートは女性との距離をいかに縮められるかが重要となる。

つまりは相手との親密度を上げなければならないが、そのためには、お互いだけが知るプライベートな内容を話すのが良いだろう。

 

しかし、プライベートな内容と言っても、下世話な話やデリカシーに欠ける話題は逆効果だ。

まずは今から伝えるようなハードルの低い定番の話題から、少しずつ親密度の高い話題へと広げていくのがきもとなるであろう。

 

学生時代や過去の話

相手の女性が社会人であれば、学生時代にどんな友人とどんな風に過ごしていたか、印象に残っているエピソードなどを聞けると良い。

今の雰囲気からは想像もつかない意外な学生時代の話を聞けるかもしれないのでオススメだ。

 

また、部活やサークルなどの話題も、相手の過去を知るには多くのエピソードを含んでいるので聞いておきたいところである。

もちろん、聞いてばかりでも取り調べのようになってしまうので、多少は貴様自身の学生時代を語る必要もあるだろう。

 

幼い頃の話

学生時代から更にさかのぼって、お互いの幼かった頃の話をするのも親密度を上げるにはオススメである。

たとえば、親から言われた「小さい頃、こんな子供だった」という話が、意外にも距離が縮まる会話となるのだ。

 

幼い頃というのは案外、誰しもが同じような遊びをしていたりするもの。その辺りで相手とリンクすれば、一気に親しみが湧くはずだ。

さらに、自分の地域ならではのローカルな遊びやルールなどの話も盛り上がるだろう。

 

趣味や習慣の話

初デートで話した時に知った相手の趣味や習慣などを、2回目のデートで話題にしてみると盛り上がりやすくなる。

そのような相手の情報というのは、聞き流さずに覚えておけば、全てが今後の会話に活きてくると言っていいだろう。

 

相手の発言を一言一句漏らさず聞き取り、適切なタイミングでそれを再び話題に出す事ができれば、女性は「自分の話をすごくしっかり聞いてくれている」と感じ、間違いなく貴様に対して高い好感を抱く

各デートの後、そして次のデートの前には必ず、好きな相手の言っていた事を思い出し、それを会話で活かせるようにするのだ。

 

また、好きな女性をモノにする上で必須な要素が1つあり、これができなければ全てが無意味になる。

どうしても付き合いたい女性がいるモテない恋愛二等兵は、下記を必ずチェックすべきだ。


『いつかモテる日がくると思ったら大間違い!万年片思いの貴様が狙った女性を落とすために必要な、たった1つの方法とは!?』

 

2回目デートの会話には明確な目標を持って臨め!

 

会話ネタも必要だが、今一度、2回目のデートで重要な目的というのを、しっかりとおさらいしておくべきである。

これを明確に理解していないと、ただなんとなく会話をして、なんとなくデートが終わってしまうだけになるだろう。

 

2回目のデートで重要な目的は、先ほどから何度も述べているが『お互いの距離を縮める事』だ。

と言っても、これは物理的な距離だけではなく、心の距離も近付けるという話である。

 

そもそも、2回目のデートに誘っている時点で、女性は貴様からの好意に気付いている

しかし、その好意に対して女性が特別なアクション、つまり好意でお返しをしてこないのであれば、まだ貴様は恋愛対象の男として見られていないという事。

 

そこで、2回目のデート後半にでも、相手に対してそれとなく好意を伝えてみるというのも効果的だろう。

とはいえ、まだ告白には早い。あまりにもストレートに伝えてしまうと女性を引かせてしまうので、「◯◯な部分が素敵だね」「◯◯なトコ、好きだよ」というように、相手の好きな部分を具体的に褒める程度に抑えるべし。

 

まとめ

 

2回目デートというのは、1回目よりもお互いに余裕が出るため、相手からのジャッジも厳しくなる。

会話に関しても、多少なりともプライベートな内容で距離を縮めていく必要があるだろう。

 

とはいえ、あまりにもデリカシーのない話題は、かえって逆効果となってしまうため、控えておく方が無難。

お互いの心の距離を縮めるという明確な目標を持って、2回目デートを成功させ、3回目デートへと繋げることが恋愛成就には大切であると知れ。

 

それでは、本日の訓練はここまでだ!貴殿の健闘を祈る!

 

↓ 【注目】いつもフラれてばかりの男が "モテ男" になれるのか…!?↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です